« ナショナル・トレジャー | Main | ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうな私の12か月 »

コンスタンティン

評価 : ★★★★
(2005/4/16公開 アメリカ ワーナーブラザース 121分)

予告で『コンスタンティン・・・』って囁き声でTV版予告編を観たことある人も多いんじゃないかな。
予告の映像の雰囲気や、キアヌ・リーブス主演ってこともあって「マトリックス」みたいな感じを想像しちゃうかもしれないけど、特殊能力を持ったエクソシストのお話。ただ、このエクソシストは宗教的なヒーロー像にあてはまらず自己中心的で不親切で全然いい奴じゃないところがミソ(笑)
原作は「ヘルブレイザー」というアメリカンコミックスらしいですが、「スパイダーマン」「バットマン」と同じような系統ではないです。この主人公・コンスタンティンは他のヒーローものみたいに正義を貫いて他人のために戦うんじゃなくて、過去の自殺未遂が原因で死後に地獄送りが決定してる(カソリックの教義では自殺は最大の罪らしい)のが嫌で、その能力を生かして悪魔と戦ってやるから天国行きにしてくれよって天国に恩を売りたい奴なわけ。だから悪魔払いも依頼者のためじゃなくて自分のために仕方なくやってるんだよね。珍しく打算的なヒーロー設定が新鮮でしょ?
それにあんなにイイ奴じゃない設定なのに素直にカッコイイと思うのは、カメラワーク演出が面白くてタバコやライターを効果的に使ってるのが印象的なせいもあるんだろうけど(タバコは嫌いだけど単純にカッコイイと思った)、全体的に画が上手いんだよね。特に地獄のシーンなんてCGだってわかってるのに圧巻。
根底にキリスト教の精神があるんで、日本人はちょっとわかりにくいシーンもあるかもしれません。ストーリーはこういうキリスト教を根底としたものにありがちな天国と地獄の派閥争いみたいで、たしかに宗教色が濃いんだけど、聞いたことある程度の知識で充分観られるし、ヒーロー設定が斬新で展開のテンポもいいんで申し分なく楽しめます。あの映像は必見かなぁ~、ホラー系がダメでもそんなに怖くないし。大画面で観るほうがいいかな。

あ、エンドロール終わった後にあのシーンがあるってことは、続編もありなのかな~?期待できそう。

# パンフレットは700円。中開きワイドページの中に袋とじみたいにストーリーを理解するための基礎知識がつまっていて濃い内容です。

DVDはコンスタンティン 初回限定特別版も同時リリースみたいです。

「コンスタンティン」関連サイト
コンスタンティン

|

« ナショナル・トレジャー | Main | ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうな私の12か月 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference コンスタンティン:

« ナショナル・トレジャー | Main | ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうな私の12か月 »