« ボーン・スプレマシー | Main | アビエイター »

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還

評価 : ★★★★☆
(2005/2/7公開 アメリカ ニューラインシネマ 203分)
※ PG-13指定

アカデミー賞受賞作品
 (史上初アカデミー11部門完全制覇)

壮大な3部作のいよいよ完結編ということで、非常に見応えのある映画でした。
まさに映画史に残る大作といっても過言ではありません。
あのファンタジーの世界観・美しい映像・壮大なテーマと音楽で綴るRPG基本の世界ともいわれる原作はそうそう映画化できないでしょう。撮るってだけでもかなりの挑戦だと思います。
ウケてから続編を作るっていうんじゃなくて、いっぺんにこんなに長いのに全部撮った映画ってそうそうないと思いますし。
それにしても長い・・・ようやく完結しましたが、また始めから全部通して観るのは自己耐久戦以外の何ものでもないでしょう。それでも、よければぜひ観ることをオススメします。
いや、トールキン原作の「指輪物語」だって相当に長いので、あれを映像化したらどんなに短くてもこのくらいになるのかもしれないが(もっとカットできそうな気もするけど)べつに最後まで忠実に再現しているわけじゃなくて改変してるみたいだから、もうちょっとなんとかできそうな気もするなあ。

実は1作目は試写会で観たんだけど暗いはテンポは悪いわ長いわで辛くて早く劇場出たい~って思いながら観てたんですよ。ところが2作目がいいテンポで面白かったもんだから3作目を観て完結させようと思って観たわけ。
続編はあまり面白くないってのが通説ですが、この3作目はけっこうよかったです。
そういえば一番時間が長かったはずなのに一番短く感じました(それだけ1作目が辛かったってことか・・・)。すべてが3作目への伏線ということか・・・。

主人公のフロドはあんまり好きじゃないのですが(3作目では影薄いしな)、サムがいい味だしてます。忠誠心というか・・・ああ、友情って素晴らしい。アラゴルンもただのレンジャーじゃなくて王位を継ぐ者として品位すらにじみ出るような演技だし(中世っぽい戦闘シーンが多いな)、レゴラスはカッコイイし、ガンダルフもパワーアップしてるし(でも魔法使うシーン少ないね)。随所に見所見応えありで傑作だと思います。

# パンフレットはけっこう分厚い800円。背表紙にタイトル書いてあるくらいの厚さです。中つ国地図や用語集、勢力関係ズ、デッサンなどロード・オブ・ザ・リングの世界を理解するための情報満載の内容。

DVDは何とかエディションがでまくりです。バージョンが複数あるはず。
商売上手だが買うほうの身になれー。

「ロード・オブ・ザ・リング」関連サイト
ロード・オブ・ザ・リング(日本語)
Official Lord of the Rings(英語)

|

« ボーン・スプレマシー | Main | アビエイター »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還:

« ボーン・スプレマシー | Main | アビエイター »