« カンフーハッスル | Main | オーシャンズ12 »

Ray/レイ

評価 : ★★★★★
(2005/1/29公開 ユニバーサル映画/UIP配給 152分)

第77回アカデミー賞受賞
 主演男優賞(ジェイミー・フォックス)・音響賞
第62回ゴールデン・グローブ賞
 主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)受賞

Soul is a way of life,but it is always the hard way. (ソウルは生き方だ、だが、それはいつでも困難な道だ) By Ray Charles

期待以上の出来で、2時間半もあるのに全然時計が気にならなかった。
逆に一人の偉大なソウルシンガーの光と影が交差する人生をよくもまあこれだけ短くまとめあげたなぁという意味では拍手。
失明することがわかっても盲目として扱わずに自立させようとする母親の深い愛情(このお母さん役の人、素敵でした)、自分のせいかとトラウマになっている弟の事故死、才能を開花させてそれに群がる人との人間模様、そしてドラッグにハマってそこから辛い思いをしながら復活・・・一人の人間が背負うにはあまりにも過酷な実話をこんなに他人を感動させる映画にしあげたんだからアカデミー賞とったのも納得!
ところどころにちりばめられたユーモラスな会話なんかもGood。
曲もいいしねえ・・・レイ・チャールズって名前聞いたことあるけど曲知らないよなあとか思ってたんだけど、ほとんどの曲が聴いたことある曲でした・・・誰の曲か知らんだけだった(あら?)。それにしてもこんなに曲がいいなんて。ライブで聴いたら鳥肌立ちそうだな(笑)
特にジェイミー・リー・フォックスの演技が素晴らしい。パンフレット買ったら、本物の若い頃にそっくりだし!まさにあんたを待ってできた映画だよって感じ。ジェイミー本人も幼少の頃からピアノをやってたらしいけど、役が決まってからレイ・チャールズ直々に指導してもらったこともあったみたいで(何かのテレビ番組で見ました。多分DVDの特典で収録されてると思う)、本当に完璧にレイになりきってました。
おそらく他の人ではできないでしょう、あの演技には脱帽です。

映画を見た後はしばらく余韻にひたりつつ、レイ・チャールズの音楽が聴きたくなりました。
素敵な感動をありがとう。見てない人は見てほしいとオススメできるとってもいい映画でした。
そして、ほどなくして天国へ旅立たれた本物のレイ・チャールズ。
ご冥福をお祈り致します。

# パンフレットはB5版700円。曲紹介(何曲か歌詞掲載あり)もあって買いです、買い!

Ray/レイ関連サイト
「Ray/レイ」
RayCharles.com::The Official Site

|

« カンフーハッスル | Main | オーシャンズ12 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Ray/レイ:

« カンフーハッスル | Main | オーシャンズ12 »