« BE MY LAST | Main | 国勢調査って・・・(その2) »

シカゴ

評価 : ★★★★
(2003/4/19公開 アメリカ/ギャガ 113分)

2002年第75回アカデミー賞
 作品賞、助演女優賞(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)
 美術賞、衣裳デザイン賞、音響賞、編集賞

2002年第60回ゴールデングローブ賞
 作品賞、男優賞、女優賞

(※その他、英国アカデミー賞など受賞)

ミュージカルの神様と称される振付・演出家ボブ・フォッシーのトニー賞受賞作品の映画版。
内容は、1920年代のシカゴを舞台に、スターを夢見るロキシー(レネー・ゼルウィガー)が、辣腕弁護士ビリー(リチャード・ギア)のおかげで殺人容疑をかけられていながら巷では一躍スター扱いされているヴェルマ(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)と出会い同じような手段で注目されるようになったり、お互いを利用して人気を得る様を描いたミュージカル。
けっこう長く上演されている人気のミュージカルが元ネタなので、つくりはアカデミー賞とって然りな作品っぽく出来てます。

ストーリー自体は特に真新しいものではないのですが、とにかくミュージカルとしては見せます魅せます!
罪が罪でなくなるエキサイティングな法廷でのパフォーマンス、マスコミの異常な加熱によって犯罪すらも娯楽になり殺人犯がスターになってしまう設定自体が舞台のほとんどが刑務所と裁判所であることを忘れさせ軽いタッチで仕上がっています。もともとの舞台ミュージカルのほうも見てみたいと思いました。
ここで映画として評価したいのは従来のミュージカルのように話の途中で急に歌いだすというものではなく、回想シーンでミュージカルにつないでいるので無理なく話に入れる上、舞台自体はそんなに凝っていないのに照明と衣装を効果的に使っているため、とても豪華に見えるということ。見せ方の効果がわかりやすくてよいので、これならミュージカルが苦手な人でも大丈夫かもしれません。
特にキャサリン・ゼタ=ジョーンズのダンスシーンが素晴らしい!
もともとダンスはやってたみたいですけど、やはり映えますね!ちょっと「ムーラン・ルージュ」のニコール・キッドマンのダンスっぽいですが、そんなに派手な衣装でもないのに舞台映えしていてカッコよくて、つい惹き込まれて見とれてしまうので必見です。レネー・ゼルウィガーが見劣りしちゃうほどです。
まあ、レネーもかわいいんだけどね、モンローに似せてるのかなという感じもしたし(実際にはモンローが憧れていたジーン・ハーローのウェーブ・スタイルを真似てたようです)、ダンスもミュージカルが初めてというのにそんなことを感じさせないくらい努力してるなあと思いました。
リチャード・ギアは・・・見劣りとかいう以前の問題として最初の登場のシーンではミュージカルには不向きというかなんかものすごく下手に見えてしまったんですけどぉ(^^;。でも腹話術のシーンは上手かったなあ、あれはレネーの人形の演技が上手いから助かってるのかも。さすが実力派女優さんです(いや、リチャード・ギアに実力がないと言ってるわけじゃないんですけどね(^^;)。

それにしても・・・「ブリジット・ジョーンズの日記」の時のレネーの胸はどこにいってしまったのかなあ、たしかにあの時はもともと痩せ体質なのに苦労して太って演技していたけど、何もこんなになくならなくてもいいのに(^^;

※ 旧CinemaFile掲載文を修正・加筆して掲載。関係ないけど、当時は「レニー・ゼルヴィガー」になってますが、正しい発音に近いのは「レネィ」だそうで最近の日本語パンフレット等では「レネー」と表記されていますのでこのブログでは「レネー」で統一し直しました。

# パンフレットは大型で800円。華やかな写真集のような見所写真が豊富。ボブ・フォッシーについても2ページに渡って大きく書かれています。

|

« BE MY LAST | Main | 国勢調査って・・・(その2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference シカゴ:

« BE MY LAST | Main | 国勢調査って・・・(その2) »