« シャーク・テイル | Main | ロザンナのために »

Mr.&Mrs.スミス


評価 : ★★★★
(2005/12/3公開 アメリカ/20世紀FOX 118分)

一瞬で恋に落ちた、ふたり
おたがい、その正体は秘密。

サスペンスで有名な巨匠ヒッチコックが唯一撮ったといわれるラブコメと同タイトルですが、リメイクでもなんでもなく全くの別モノで(どっちも夫婦喧嘩してるという意味では同じかもしれんが(^^;)、パンフレットによると脚本家のサイモン・キンバーグがコロンビア大学映画学校修士課程のテーマとして香港のアクション映画をイメージして書いたものが原点になっているそうです。

内容は、南米コロンビアの首都で運命的な出会いをしたジョン・スミス(ブラッド・ピット)とジェーン(アンジェリーナ・ジョリー)はお互い凄腕のプロの暗殺者であることを隠して結婚するのだが、5年後の倦怠期を迎えた頃、任務で同じターゲットを仕留めようとした時に、互いの素性とそれまでの偽りの生活と嘘を知って唖然・・・しかし正体がバレたからには48時間以内に相手を始末するのがこの世界のルールということで、それまでの結婚生活が一変し壮絶な殺し合いに発展していくというラブコメ・アクション。

予告編でも観たけれど、アクションシーンがスゴイよね!
このダグ・リーマン監督は以前、「ボーン・アイデンティティー」を作った人なのでやはりアクションシーンの見せ方がイイ。とてもスタイリッシュ。カッコよくてセクシー。観終わった後もなんだかスカッとした爽快感があって楽しい。
でも、中身はあんまりナイ(笑)
お互いのことをよく知ってるって思ってても実際は何年経ってもわからない部分が出てくるっていう結婚生活の実態も描かれてるんで、そういう意味で既婚者と独身者では見方が変わるかもってことで深読みをしようと思えばできる要素もあると思うんですけど、全体的に単純に軽くて面白いタッチなんで何も考えずに楽しむのがいいタイプの映画です。
ちょっと突っ込みたくなるようなシーン(例えば、鳩さえでてくればジョン・ウー作品?みたいな二丁拳銃で背中合わせとかね(笑))もあるんだけど、エンタテインメントとしては立派に成立してます。
設定からしてありえねーよ!うあー、お前らはなんだよ、あんなバトルしても無敵なのかよ、ありえねー( ̄▽ ̄;)・・・というB級薄っぺらストーリーの要素満載で、ストーリーの流れが読めてしまうあたりは残念なんだけど、なぜかニヤリとしてしまうような爽快感があるから許しちゃう!ラストはものすごくハリウッドらしくうまくまとめすぎてるけどそこもなんだかイイ。うん、たまにはこういうのもいいね、OKOK、ノープロブレムだよっ!(笑) 

面白いのは、夫婦で殺し合いをするアクションシーンがあるのに、どうしてこんなにコメディとしても成立しているんだろうってこと・・・だいたい、お互いがライバル組織に所属する暗殺者だってわかったことが殺し合いに発展するきっかけになったこととはいえ、ほとんどのシーンがド派手で規模がでかすぎる夫婦喧嘩なんだもん・・・普通、夫婦喧嘩でマシンガン撃ちまくりとか考えられないでしょ(笑)
だいたい、あんな豪華な家の中で銃をぶっ放して壁に穴あけまくったり、女だからって容赦なく殴りあったり蹴り入れまくったりする激しいバトルは普通できないよね!近所の目もあるしさ(←それだけか(^^;?(笑))。
バトル自体はけっこう凄まじいんだけど愛憎劇の深刻さがなくて、逆に爽快感があってどこか面白おかしく微笑ましい・・・それは主演二人の魅力によるところでしょうね、そこを上手く引き出して映画にしてるのが素晴らしい。このキャスティングは成功でしょう。特にアンジェリーナ・ジョリーが素敵すぎます、おいらもあんなキッチンセット欲しいです、マシンガンもぶっ放してみたいです!(笑)(←ん(^^;?)

ここまで激しくなくとも、喧嘩して初めてお互いのことをよく知るってことありません?
お互いの偽りを知って、初めて自分の真実の部分をさらけ出した時に絆が深まるっていうのは、普通の生活しててもあると思います。べつに夫婦じゃなくても、恋人でも友達でも人間関係ならなんでも当てはまることです。
理想で固めるよりも、嘘偽りなく本当の部分をお互いにぶつけあって心がつながっている関係でないとやっぱり親しい関係とは言えないのさってことですね。
そういう見方で観れば、この映画って薄っぺらに見えてけっこう深いですよ。一応、夫婦の絆を再確認するような話になってるのでカップルで見るのがオススメかな(笑) 

# パンフレットは600円。表表紙のブラッド・ピット、裏表紙のアンジェリーナ・ジョリー、どちらからも読み進められるように作られています。真ん中あたりに見開き写真もあって写真が満載。あと、Mrs.スミスは最初はニコール・キッドマンに決定していたけれど「ステップフォード・ワイフ」の撮影が長引いたから降板を申し出て、それでアンジェリーナ・ジョリーに交代となったとかいう撮影裏話もあります。

「Mr.&Mrs.スミス」関連サイト
Mr.&Mrs.スミス
Mr. and Mrs.Smith(英語)

|

« シャーク・テイル | Main | ロザンナのために »

Comments

朝ALWAYS・・・・・をみてきて、夜これを観てきました。
アクションシーンに酔ってしまって未だ頭の芯がぐらぐら揺れてます。なんかテンション上がりすぎて、終わり近くは寒気がして気持ち悪くなってきて(^^;

あのキッチンセットは確かにいいね(笑)。
あの地下室といい、どうやって密かにあんな設備をつくったんだと突っ込みたくはなりますが(笑)。

Posted by: 小太郎 | 2005.12.11 09:29 PM

ALWAYSとコレって、すごい組み合わせですね・・・(笑)

地下室はブラピが建築関係のお仕事っていう設定だったのでまだわかりますが、あのキッチンセットは不明(笑)
あの輪っかの持ち手がついたカバン(ビルから降りる時に使ったやつ)もちょっと欲しいアイテムです(笑)

Posted by: りす | 2005.12.13 03:13 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Mr.&Mrs.スミス:

« シャーク・テイル | Main | ロザンナのために »