« Shall We Dance?シャル・ウィ・ダンス? | Main | Mr.&Mrs.スミス »

シャーク・テイル


評価 : ★★★
(2005/3/5公開 アメリカ 90分)

大切なものは、いつもそばにある。

昨日、元職場へ出向く用事がありまして、ついでに「Mr.&Mrs.スミス」を観てきたんでそれを書こうと思っていたんですが~、こっちを先に観て書きかけで放置していたので順番に書いておきます。ちょっと来客とかいろいろあって書くのが遅くなりました(^^;

ずーっとレンタル中だったんですが、やっとレンタルできました。

内容は、クジラの身体を洗う“ホエール・ウォッシュ”で働くお調子者のホンソメワケベラのオスカー(ウィル・スミス)が、ある日、街の大ボスでホオジロザメのドン・リノ(ロバート・デ・ニーロ)を父に持つ兄弟と関わりあいになるがたまたま事故で兄が死んでしまい、ベジタリアンで平和主義の弟レニー(ジャック・ブラック)がその場を逃げ出したことから、その状況を見て誤解したクラゲを利用してシャーク・キラーと名乗るようになり一躍街の人気者になってしまい、サメから命を狙われるようになるのだが・・・というドリームワークスのファミリー向けコメディアニメ。

・・・はぁ~、おいらはコレをずっとレンタルしたがっていたのか~( ̄▽ ̄;)

ハリウッドの有名人ばかりを声優に起用したのはたしかに贅沢だと思うけど、ストーリーは『ファインディング・ニモ』に負けてるよなあ・・・同じような魚モノだから比較しちゃうけど。うーん、まるでアニメ版『オーシャンズ12』みたい(^^;(←役者だけ豪華でストーリーはイマイチという意味)
ていうかさー、一番致命的なのは~・・・べつに魚でなくてもイイんでは?ってこと・・・だって魚である必要性を感じない~、魚だからとかわざわざ海の世界を舞台にしたからこその醍醐味がないじゃん~、普通に人間社会を人面魚に置き換えただけじゃん・・・しかもホンソメワケベラって何さ~、マイナーな種類過ぎてわかんねーよ、本当にあんな色か?( ̄▽ ̄;)
映像はそこそこだけど~・・・軽いノリで面白いけど~・・・普通。本当に普通で先の読めるありがちな展開。
はっきり言ってしまえば、感情移入はできない。それほど緻密に作られた作品とは思えないのですね。
同じドリームワークスの作品なら『シュレック』のほうが断然面白いな~、ちょっと期待はずれ。

でもロバート・デ・ニーロとマーティン・スコセッシの声優ぶりが見られるなんて普通ないからそこは見所かな(笑)
アンジェリーナ・ジョリーもレネー・ゼルウィガーも役とぴったり。
しかもロバート・デ・ニーロはサメでもご丁寧にホクロまで再現。
逆に言えば、声を演じている俳優とキャラの絵を似せて、キャラそのものの魅力を作り出すよりも声の持ち主の人気に頼っているような感じが否めない。・・・はあ、まあ、たしかにキャラと声が合ってこそではあるけど、絵をわざわざ俳優に似せるのはどうなんだろう~?話題作りかなんだか知らないが、キャラの魅力を作ってこその声なんだから、もともとの人気にあやかろうだなんていう使い方が間違ってるんだよな・・・。

日本語吹替え版もまあそこそこかな。さほど悪くはないです。ちょっと浮いてる人もいるけど(誰でしょう?)。

# レンタルで観たのでパンフレット未購入。

「シャーク・テイル」関連サイト
シャーク・テイル

|

« Shall We Dance?シャル・ウィ・ダンス? | Main | Mr.&Mrs.スミス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference シャーク・テイル:

« Shall We Dance?シャル・ウィ・ダンス? | Main | Mr.&Mrs.スミス »