« コーラス | Main | ライフ・イズ・ビューティフル »

月曜日に乾杯!


評価 : ★★
(2003/10/11公開 フランス・イタリア/ビターズ・エンド 127分)

ちょっとヴェニスへ行ってきます。

これも元職場のツテで観た映画です。
実は、何を上映するのか聞いた時にコレが入っていたので「え、何でコレ?」と聞き返した映画です・・・ていうのも、一応コメディらしいんだけど、フランス人には面白いのかもしれないが、おいらにはこれの面白さがイマイチよくわからんかったから・・・この映画をコメディのカテゴリに入れるのはいかがなもんかな( ̄▽ ̄;)

内容は、フランスの小さな村で妻、2人の息子、年老いた母と一緒に暮らすヴァンサン(ジャック・ビドウ)が、好きなようにタバコも吸えない工場での単調な毎日の仕事や家庭で邪魔者扱いされている人生に疲れて、ある日突然仕事をサボり、旅に出ることを思いついて父親から得た金で姿を消して長期の旅行に出てしまう姿を追ったお話。

なんなのだろうなー、そもそもタイトルも内容と関係があるのかないのかさっぱりわからん。
一応、「働く人にとって月曜日って『はぁ・・・また疲れる一週間が始まるよ・・・』ってなんだか憂鬱だよねー、さぼっちゃいたいよー」で、突然仕事サボっちゃって長期旅行に出てしまった人にカンパーイ!オマエやるじゃーん!ってことみたいなんだけど・・・べつにそれが月曜だったのかどうかってのも説明がないから不明。

仕事も面白くないし妻や子どもからも邪魔物扱いされているようなお父さんが見たら、仕事サボっていきあたりばったりに旅してっていうのはいい感じに憧れる世界なのかもしれないが、家族からしたら急に誰にも告げずにふらりと長期旅行に行かれた日には心配もするし収入も断たれて生活もなりたたなくて迷惑だなあとか考えちゃうわけですよ。ていうか仕事に対しても家庭に対しても責任感とかないのか?
・・・そもそもそれを考えてしまう時点で、すでにこの映画が面白くなくなってるってことなんだけどね。

だいたい、登場人物がみんなどこか一風変わってるというか一癖あるんだけど、そのわりには特に大きな事件が起こるわけでもなんでもなく、彼らの普通の日常をひたすら描いているだけ。特に旅行に出るまでの日常がだらだらと長すぎで飽きるんだよな・・・子ども達のエピソードもべつにそんなに長く描く必要はないし。
旅行先で見たことのない景色を見るのは感動だけど、別に特出したスゴい事件が起こるわけでもなく、そこら中から聞こえてくる音だって日常の音だし、結局は日常から逃れることなんてできないって感じでまただらだらとすすんでいくだけ。嫌で逃げ出した仕事と同じ仕事を結局お金がなくなってやることになったりとか・・・父親から貰ったお金で旅に出てもちょっとハメはずしただけでちっとも成長してないんじゃないのか・・・?
で、かなり長い間留守にしていたわりには、家族もべつに責めるわけでもなく今まで通り(というか少しだけ温かく?)迎えてくれたっていうオチでオシマイ。

・・・・・えええええー!?いつ何が起こるんだろうと期待して眠いのを堪えて、一所懸命に画面を観ていたのに、結局ラストはそれだけっ!?( ̄▽ ̄lll)

旅に出ていたからといって別に教訓を得たみたいでもないし、なにより主人公に目覚しい成長があるわけでもないし、観てても得られるものは何もないし、なんなんだこのオチは。・・・ああ、それを考えろってことなのか?
わっかんねーよっ!( ̄▽ ̄;)

旅行先で知り合った男とハメはずして遊んだけど月曜になってその男が仕事に行くのを見て結局は生きていくために働くのはしょうがないことなのだと悟って乾杯とか、月曜に家に帰ってきたらちょっと家族の接し方がよくなってて乾杯とか結局はそっちに結びつくのか?そうなのか?それとも旅先のあちこちで知り合った人と乾杯したからなのか?
・・・むうう、微妙だ。なんだか答えがわからなくてものすごく消化不良な感じ。
(※ さっき調べたら原題の「LUNDI MATIN」は月曜日の朝って意味らしいです。乾杯って関係ないじゃんっ!?)

あーあー日常がつまんないなーゆっくり旅にでも行きたいよーと感じる人が観たら、このたるーい展開が一緒にサボって旅してるみたいで面白いのかもしれないが、セリフが少ない・説明がない・ストーリーに起伏がないの3拍子でおまけに得られるものが何もないっていうんじゃ楽しめないんだよな・・・映像は旅行した気分に浸れるという意味ではイイと思うけど。
日常の枠から少しだけ外れてみたいなーと思う人や、だるーいフランス映画が好きっていうちょっとそのテの映画のマニアな人にはウケるかもしれんが、娯楽映画に非日常の楽しみを求める一般人は観てもきっとつまんないと思います。だるすぎるよ・・・_| ̄|○
その証拠に、劇場では寝てる人がめちゃくちゃ多かったみたいで、あちらこちらからいびきが聞こえてきました。他の3本が良いだけにものっすごく浮いて見えました・・・うーん。年齢とか性別とか立場が違えば共感するところもあるのかもしれんが、今のおいらではちょっと無理。2002年のベルリン国際映画祭で銀熊賞(監督賞)と国際批評家連名賞を受賞してるけど、そんなに共感できなかったんで、多分、もう二度と観ないと思う(笑)

# 旧作、企画上映で観たためパンフレット未購入。

|

« コーラス | Main | ライフ・イズ・ビューティフル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 月曜日に乾杯!:

« コーラス | Main | ライフ・イズ・ビューティフル »