« 更新停滞中のワケ | Main | 第63回ゴールデングローブ賞発表 »

笑の大学


評価 : ★★★☆
(2004/10/30公開 東宝 121分)

一人は笑いを愛した
一人は笑いを憎んだ
二人の友情が
完璧なコメディを創り上げた

「古畑任三郎」などでお馴染みの人気脚本家・三谷幸喜がもともとはラジオドラマ用に作ったという傑作舞台劇を映画化したものです。

内容は、戦時下で様々な娯楽が取締りの対象となっていた昭和15年の東京で、警視庁の検閲官で厳格でなかなか笑わない向坂睦夫(役所広司)が、劇団「笑の大学」の座付き作家・椿一(稲垣吾郎)の持ち込んだ演劇の台本に書き直せなければ上演中止だと無理難題を突きつけるのだが、そのたびに椿は要求を聞き入れてさらに笑いを取る素晴らしい脚本を作り上げていき、次第に向坂が心変わりしていって二人の間に不思議な絆ができていく様を描いたドラマ。

うーん、役所広司は上手いと思うんだけど、稲垣吾郎がなんだか浮いて見えて個人的には満点はつけがたいかなぁ~・・・よくも悪くもやっぱり基本は二人芝居の舞台劇用の脚本だと思うので、面白いとは思うけれどわざわざ映画館で観るほどの作品ではないような気が・・・。

映画にするには設定が地味なんだよね、基本的に二人の掛け合いばかりだから映画にする意味があるのかどうかが疑問。舞台のテンポをそのまま映画に移してきているんだろうと思うけれど、映画にするとテンポが下がるというか舞台で直接見るテンポより悪くなっている気がするので、多分、舞台で見るほうが面白いと思います。
そういう意味では舞台のほうに興味を持たせてくれる導入編みたいな映画かも。
舞台版では西村雅彦&近藤芳正コンビで上演していたようです。
昔、うっすらとNHKか何かで見たような記憶があるような気がするのですが、あんまり覚えていないので(ォィ)再演してほしいなぁ、そっちが見たいよ。

あ、でも役所広司はスゴイと思ったよ!うわー、この人、こんなキレた演技もできるんだなあって・・・もう怪演といっていいくらい。彼の演技を見るための映画といってもいい(笑)
逆に稲垣吾郎は押され気味なのでちょっとカワイソウな感じ。観てる間にあんまり気にならなくなってくるんだけどね。

でも、一番致命的だったのは笑いのネタかな。
うちの家族はゲラゲラ笑ってたんだけど、おいらはあんまり笑えなかったんだよねえ・・・笑いを解説されるとちょっと面白みが減るからさぁ・・・そういうことってない?( ̄▽ ̄;)
ところどころ笑えるシーンはあったんだけど大爆笑まではいかず、クスッとかニヤッとかの程度だったのでね。
・・・もっともそういう笑いを引き出そうとしたのであれば成功だと思うけど多分違う気がする( ̄▽ ̄;)

舞台のように限られた空間の中での演技ならば密室の中での二人のやりとりに緊張感とか駆け引きのスリルなんかも加わってもうちょっとウケたんだろうけれど、映画のように広がりのあるスクリーンの中での演技というのはもともと念頭におかれていない脚本だと思うからアングルとか見せ方とか、やっぱり脚本家が意図したものと違ってる感じがしてならないんだよなあ・・・そういう意味では映画化するのが難しい作品だし、ここまでできたんだからもうちょっとっていう期待もあって惜しいなって思ってしまいました。
キライじゃないんだけどね(笑)

# レンタルで観たのでパンフレット未購入。

※ さっき調べたら、舞台版のほうもDVDがでてるらしいです。TSUTAYAで確認してこよう♪

|

« 更新停滞中のワケ | Main | 第63回ゴールデングローブ賞発表 »

Comments

これの舞台版の方を昔、NHKでやっているのを観ました。作家役が近藤芳正で検閲官役が西村雅彦でした。三谷ファミリーですね。なかなか面白かったです。DVDで出てるならこちらもお薦め。

Posted by: 小太郎 | 2006.01.17 05:21 AM

こんばんは(=^▽^=)
初コメント入れさせていただきます。
この映画は、にやっとする感じの笑いがある感じでしたよね(´∀`)
私は結構好きでした。
もともと舞台だとは知っていたので観てみて思ったのは、「うん、舞台のほうが楽しいかもね」と。
稲垣吾郎悪くは、ないけど・・・って感じでした。
舞台版のDVD結構期待ですね!!

友達は、以前NHKか何かで舞台のほうが放映されていたらしく、それを観たら、結構シリアスだった気がしたけど・・・と言っていてコメディーのイメージがなかったらしいです。

Posted by: bakeratta | 2006.01.21 12:09 AM

今日、TSUTAYAに行ったら、棚の整理(棚卸?)をしていてDVDの棚からごっそりDVDがなくなっていたので確認できませんでした・・・私が行くのを知ってか・・・( ̄▽ ̄;)?(←被害妄想)
・・・なので、舞台版があるかどうか確認できずで今回はレンタルできなかったんですけど、人づてに聞いたお話では映画版と舞台版ではラストが違うらしいですよ。
また今度、DVDを見つけたら確認してみようと思います。
お店になかったらリクエストして来よう(笑)

Posted by: りす | 2006.01.21 12:58 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 笑の大学:

« 更新停滞中のワケ | Main | 第63回ゴールデングローブ賞発表 »