« Desperate Baton | Main | 祝・金メダル! »

フライトプラン


評価 : ★★★
(2006/1/28公開 アメリカ/ブエナビスタ 98分)

彼女は、航空機設計士。そして一人の母。
高度1万メートルの上空で、幼い娘が失踪した・・。

その時、最新鋭の旅客機は、史上最悪の《戦場》に変わる―!

予告編を観た時に、まるで『フォーガットン』みたいだなあと思い(予告時での設定とか映像とかの期待の持たせ方が似すぎ)、さては妄想オチかテロ犯オチかトンデモオチ(突然、実は宇宙人だったとか幽霊だったとかいいだすオチ( ̄▽ ̄;))のどれかじゃなかろーか・・・と予想していたら、まあ一応当たってました~。
・・・このテの映画はもうこれ以外のオチは存在しないのだろうか~、予想外ってのが楽しいのにな~(ボソ)。

しかし、ジョディ・フォスターの演技力に頼りきった感じがものっすごく滲み出まくっている作品になってるんだけど、なんですかこれは( ̄▽ ̄;)?

内容は、夫を亡くしたばかりの航空機設計士のカイル(ジョディ・フォスター)が、6歳の娘ジュリア(マーリーン・ローストン)を連れて自分がエンジンを設計した最新鋭のジャンボ旅客機内で帰国途中、飛行中の機内でジュリアが忽然と姿を消してしまうのだが周囲に聞いても誰も見ていないと言い、探し回っても見つからず、挙句にすでにジュリアは死んでいてあなたは精神的ショックで幻覚を見たとまで言われ、全てが信じられなくなり、カイルは一人で娘探しに奮闘する、というパニックアクションストーリー。

正直、ジョディの演技がなければ、ストーリーは突っ込み所満載のB級作品
だって、よく考えたら全部偶然に頼ってるし・・・ジョディが娘に「横になりたければ後ろの席が空いてるから横になる?」って言わなければ、そして客が全員娘を見なかったって言わなければまったく成立しなかったストーリーなんだよね・・・全部想定の範囲内でストーリーが進むってのが、まずありえんっちゅーの・・・だってああやって機内で連れ出すこと自体が無理じゃない( ̄▽ ̄;)?

それに「母は強し」の部分を強調しているから成り立つストーリーなんだけど、だからジョディの演技に惹き込まれるかどうかがストーリーとして成り立つかどうかの鍵になっているわけで・・・まあジョディはいいんですけどね、娘を探すために機内をパニックルーム(この場合のパニックルームの意味は緊急避難場所じゃなくてパニックに陥れられる部屋の意味)にしてしまうわけなんだけど、あんな人と乗り合わせちゃった乗客はもう不運としか言いようがないです。密室のはずの飛行機内から子どもがいなくなって不安にかられて極限状態で突っ走ってしまったというのはわかるけど、あそこまで他人に迷惑かけまくりな親って人としてどうなんでしょうって思いますがぁ・・・( ̄▽ ̄;)?

それに、あのジョディの正気か狂気かわからない精神的にちょっと危ういような演技で、こちらもググッとストーリーに惹きつけられはするものの、なんか最初から目がイッちゃっててあやしいなあコイツと思っていた人がやっぱりあやしかったので、

ハァ?そのまんまかよっΣ( ̄ロ ̄lll)!?

と、思わず口に出しそうになったしね・・・ああいうのは、最初に観客に見破られたらオシマイだと思いますがどうなんでしょう( ̄▽ ̄;)(致命的)
しかも動機やジョディ一家を選んだ理由がまったく不明。なんなんだ、何がしたかったんだ。しかもこの中途半端さはなんだ~・・・。

最後の爆発もあんなに用意周到に準備したわりには小規模すぎて「なんじゃそらー!?」ってコケたけど(低予算なのか?)、せめてストーリーくらいはもうちょっとひねれよ~!!
しかもアラブ人の扱いがひどくてちょっとげんなり。アラブ人だったらそういう扱いでイイとか思ってません?アラブ人が観たらきっと怒ると思いますよ?
機長に「娘が見つかったら謝罪して!」とか言うんだったら、オマエもあんなことがあったのに荷物運んでくれたんだから、娘はいたんだから私は正しかったのよ!って勝ち誇った顔してないでアラブ人に謝れってーの( ̄▽ ̄;)
なんかそういう中途半端なカットが腑に落ちないんだよなぁ・・・そういえば、冒頭の現実と過去が錯綜するあの編集も意味あるのか?って感じ(ちっとも生かされていない)。
ジョディは怪演ってくらいピッタリだったけどね。
そうそう、機長もいい感じでした。どっちに転ぶかな~と思ったけど思い返せばたいした役ではなく、浅岡ルリ子に似た客室乗務員のほうがよほど重要なわりにはたいした扱いされてないなぁと、脚本の不備に問題があるような気がしましたけど~役者の演技はみなさんそれなりに良く・・・あ、あいつの目がイッてさえなければもうちょっと謎解き要素が出てよかったかも・・・( ̄▽ ̄;)
あと、もうちょっと子どもと絡むシーンがあれば母と娘の絆とか強調できてよかったかも。

まあ、この映画はジョディたち役者の演技を観るためだけ映画ですね~。
役者の演技がいいから退屈はしなかったけど、ストーリーを気にすると成り立たないからさ(笑)

# パンフレットは・・・あ、買い忘れた( ̄▽ ̄;)

「フライトプラン」関連サイト
フライトプラン|FLIGHTPLAN
Flightplan--The Official Movie Web Site(英語)

|

« Desperate Baton | Main | 祝・金メダル! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference フライトプラン:

« Desperate Baton | Main | 祝・金メダル! »