« B型の彼氏 | Main | GERRY ジェリー »

真夜中の弥次さん喜多さん


評価 : ★★★
(2005/4/2公開 アスミック 124分)

お伊勢参りへ行こうぜベイベー

ちょっと前にちょっぴり噂になっていたワケワカンナイ映画をとうとうTSUTAYAで借りてしまいました・・・いやぁ、半額クーポン配布期間中だったからさぁ・・・さすがにあまりにも極端な賛否両論の噂を聞いていたから劇場で観ようとは思わなかったんだけど気になってたんで(笑)

内容は、十返舎一九の滑稽本『東海道中膝栗毛』を下敷きにしてお伊勢参りに旅立ったホモのカップル弥次さん喜多さんの珍道中を描いた、しりあがり寿の原作漫画を、人気脚本家の宮藤官九郎が脚本・監督で映画化したナンセンスギャグ満載のロードムービー。

・・・あー、なるほどねぇ( ̄▽ ̄;)
これはクドカン(宮藤官九郎)作品が好きかどうかで評価が分かれる映画だろうなあ。
あの作風が好きな人は満点出すだろうし、嫌いな人なら0点かも。

ただ同じクドカン脚本の「タイガー&ドラゴン」みたいなストーリーみたいにちょっとでも内容に意味とかを期待するとちょっと違う気もするなあ・・・ある意味イッちゃってる映画で、ストーリーなんてあってないようなもんだから、もうノリだけ?勢いだけ?みたいな・・・薬物中毒の見る幻覚と現実を交互に見せられたような感じかな~、間違いなく幻覚のほうが多いんだけど・・・だって全部ありえないんだもん、「てんでリヤルじゃねぇ」って台詞が出てくるんだけどまさにその通りで、時代劇っぽいのかと思えば、高速道路をバイクでぶっとばしてたりしてるし、セーラー服の女子高生もどきが喜び組とかいいながらでてくるし、もうワケワカンナイ(笑)
原作知らないけど、こういうノリで合ってるのかな( ̄▽ ̄;)?(知ってる人教えて、プリーズ)
完全なオバカ映画なんで、間違いなく、絶対に万人ウケはしないと思う(笑)
多分、作り手側もそれをわかってて一部にだけウケたらいいやってノリで作っていそうだけど。
あのノリが理解できる人じゃないと絶対受け入れられないと思う。
ホモシーン(ディープなキスシーンとか)もあるしねー・・・おいらはそのシーンが出るたびに「うああぁぁ!」って悲鳴をあげてちょっと引いていたさ( ̄▽ ̄;)
あああ、七之助、こんな薬物中毒でホモなんて役をやっちゃうなんて、歌舞伎界の次世代をになう役者だろうにお父さん(映画撮影当時は、五代目中村勘九郎だったけど現在は襲名して十代目中村勘三郎)泣いちゃうよ・・・とか思ってたら、親父も出てるのかよっΣ( ̄ロ ̄lll)!?
しかもあんなアーサー王役だよ・・・ああ、勘三郎、よくあんな役を引き受けたよなあ・・・っていうか、あの親にしてこの子ありなのだろうか( ̄▽ ̄;)(笑)

やっぱり、ノリ重視だからか、勘三郎に関わらず、ところどころ出てくる豪華キャストはミスキャストもなく、まさに「てやんでぇ、べらんめぇ!おめぇのためにピッタリな奴らを選んだんだぜベイベー!」って感じで(意味不明( ̄▽ ̄;)←ノリ過ぎ)すごく合ってる。
もう、出てくるキャラがみんなインパクト強くって特に脇役は超個性的キャラ炸裂!
ちょっとしか出てこないのになんだ、あのインパクトの強さは( ̄▽ ̄;)

特にぐっさん(山口智充)のやってるおちんって名前のオカマキャラがすげー!かんざし刺してるよ!(挿してるじゃないのがポイント(笑))
ヒゲのおいらん、何あれ!?かなり衝撃Σ( ̄ロ ̄lll) 「♪お~いお~いおいおいらんだ~」って頭の中ぐるぐるだよ!クリティカルヒットだよ!(≧∀≦)(←超ウケ)
板尾創路や阿部サダヲ、生瀬勝久、古田新太、妻夫木聡、おぎやはぎ、なぜか梅図かずおまでチョイ役で出てるし、もーなんだこれは、の連続(笑) 
あと、あんまりきちんと確認できてないんだけど、原作者のしりあがり寿もたわぁ麗満堂の店主として出演しているそうな。あの黄色い服着てた人かなぁとは思うんだけどチョイ役すぎてわかんない(笑)

B級ナンセンスギャグのハチャメチャなノリが許せる人で、興味のある人はぜひご覧になってどんなだかをご自分の目でお確かめください(笑) そのノリが理解不能な方は・・・やめておいたほうが無難でしょう、おいらも万人にオススメはできない・・・だから評価は中途半端にしておいた(笑)
だって、面白いところもあるけど一部のシーンはちょっと引くところもあるし、時間がちょっと長いんだよねー。
前半はいいんだけど後半がちょっとだるいんで2時間はキツイ。あのノリで突っ走るなら90分くらいまでに編集したほうがいいんじゃないかな~ってところ。

・・・しかし。どーでもいいっちゃいいんだけど、

・・・文化庁ってこんな映画も支援するんだね( ̄▽ ̄;)(笑)

ご丁寧にこの映画のオフィシャルサイトからお堅い文化庁のサイトへリンクが張られていたので間違いないです。
・・・内容わかってて支援したんだろうか( ̄▽ ̄;)?
だってホモに殺人にオカマに薬物中毒に・・・ギャグだけど、けっこー内容は下品なところもあるしヤバイですよ・・・まさか『東海道中膝栗毛』だと思って支援したんじゃないだろうね( ̄▽ ̄;)?だとしたらちょっと素敵すぎるアヤマチ(笑)

・・・ああ、てんでリヤル(リアル)じゃねぇや(笑)

# レンタルDVDで観たのでパンフレット未購入。

「真夜中の弥次さん喜多さん」関連サイト
真夜中の弥次さん喜多さん オフィシャルサイト 映画同様のノリ炸裂でゲームもたくさんあります。

|

« B型の彼氏 | Main | GERRY ジェリー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 真夜中の弥次さん喜多さん:

« B型の彼氏 | Main | GERRY ジェリー »