« スライディング・ドア | Main | ストレス »

タイタニック


評価 : ★★★★
(1997/12/公開 アメリカ/FOX 189分)

運命の恋。
誰もそれを裂くことはできない。

1912年の今日、4/14は何の日か知ってます?
あのタイタニック号が23:40頃に氷山に衝突した日です(沈んだのは日をまたいで15日になってから)。
実は『タイタニック』は史上最大の豪華客船のよる海難事故として注目を集め何度も映像化されているのですが、一つ前の記事『スライディング・ドア』で引き合いに出したので1997年製作のジェームズ・キャメロン版について書いておこうかなーと思って、そういえばタイタニックっていつの話だっけ、とGoogleで検索したら出てきました。偶然とはいえ、とってもタイムリー(時代は違うからちょっとこじつけっぽいか( ̄▽ ̄;)?)。

もうヒットしすぎて有名すぎるくらい有名になって大ロングランだったから知らない人のほうが少ないような気がするけど、まずは一応、いつものように内容紹介から。

内容は、現代で1500人の乗客とともに北大西洋3773メートルの深海に眠るタイタニック号の引き上げ作業時に見つかった裸体に「碧洋のハート」という宝石を身につけた若い女性の絵画をテレビで見101歳の女性ローズ・カルバート(グロリア・スチュアート)が孫娘のリジー(スージー・エイミス)とともにラベット(ビル・パクストン)に会いに来て自分はタイタニック号事故の生存者で、テレビで公開された絵のモデルだというところからタイタニック号で実際に起きた悲劇の航海が、語られていき、1912年にイギリスのサウサンプトン港から処女航海に出ようとするタイタニック号に、賭けで勝ってチケットを手に入れて三等に乗り込んだ画家志望の青年ジャック(レオナルド・ディカプリオ)と、上流階級のアメリカ人で大資産家で婚約者のキャル(ビリー・ゼーン)と娘の結婚を強引に決めた母親ルース(フランシス・フィッシャー)、コロラドの富豪夫人モリー・ブラウン(キャシー・ベイツ)と当時17歳のローズ(ケイト・ウィンスレット)が乗り合わせ、ローズが飛び降りようとしたところをジャックが救ったことによって出会い、それが運命の出会いとなって恋物語に発展し強い絆で結ばれたのも束の間、船が氷山に衝突してタイタニック号が沈むことに・・・という史実をベースにしたラブストーリー。

多分、これってディカプリオ人気もあって、何度も劇場に足を運んで観た人もいるだろうし、すごく好きだって言う人もいるだろうし、名作だって言う人も多いと思うんだけど・・・ごめん、おいらは一人で劇場へ行ってポップコーン片手にものっすごく客観的に冷静に観てしまったのでそこまでの名作だとは思わなかったんだ( ̄▽ ̄;)
えーと、何がダメだったかっていうと・・・ローズ?(笑) 
深窓の令嬢の設定のわりには必要以上に逞しすぎて肉厚も豊かすぎで二の腕太っ・・・斧振り回してるし( ̄▽ ̄;)!
・・・いや、まあ必死の状況だからとかそういうのもわかるけどなんかちょっと・・・あの人戻ってなかったらジャックは生きてたかも?とか、死んだらすぐ手を離して海の底にポイなのかよ!とか、ご令嬢があんなに逞しく海ざばざば泳いじゃって死体からホイッスル奪って自分は助かっちゃうのかよ!とか考えるとちょっとさぁ・・・お嬢さん、あまりにも強すぎないかい( ̄▽ ̄;)?
・・・まあ、あれだけ逞しければ生き残れるよな・・・( ̄▽ ̄;)(納得)
あと、最大の問題点は、現実に起こった傷ましい悲しい事件をベースに、大金かけて大掛かりなセットとCGで作ったリアルタイムで沈む船を見るという大スペクタクルが全て二人の愛を盛り上げてしまう演出に使われちゃってるっていうところがもう個人的にちょっとどうなのかなぁと・・・たしかに沈没していくところとかはスゴイと思うよ、でもCGのすごさのほうが目立ってしまったかな。だいたいそこに至るまでの過程が長い( ̄▽ ̄;)
あー、あと、セリーヌ・ディオンが歌う主題歌「My Heart Will Go On」はけっこう好きかも。
しかし小さなエピソードで沈むまで音楽を奏でていたカルテットとか沈み行く船の中での老夫婦とか脇役の描写もそこそこよかったのに全部を消し去る二人の愛のエピソードが大映しってのが(いや、まあ主人公だからねぇ、わかるんだけど・・・)あれー?って感じで・・・まあおばあちゃんの回想録だからあれでもいいのか・・・オチがちょっと微妙だが( ̄▽ ̄;)

そういえば、これ観終わった後で、後ろにいたカップルがあの状況だったらお互い助けに戻るかどうかでもめていました(笑) なんかものすごい喧嘩に発展していっていたけどどうなったんだろう、もう覚えてないけど( ̄▽ ̄;)

ところで、「Titanic: The Sequel」って、知ってます?
ちょっと今更感が漂いすぎてアレだけど、まあよく出来てること・・・これ見て騙される人もいたりして(笑)
そういえば何年か前に、実はジャック(レオナルド・ディカプリオ)は生きていた!という内容で続編を製作するかも~とかいう噂がたしか囁かれていたような記憶があるけれど(テレビで見た記憶があるなあ、めざましテレビかなあ?)、結局どうなったんでしょうねえ。
ディカプリオはタイタニックに出演したことはイメージが固定化しすぎて失敗だったと思ってるっていう記事をどこかで見た気がするので、本人が嫌がってお蔵入りになったのかな?

# パンフレット捜索中・・・多分、た行の棚に埋もれているはずだが~( ̄▽ ̄;)

「タイタニック」関連サイト
Titanic
20th Century Fox

|

« スライディング・ドア | Main | ストレス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference タイタニック:

« スライディング・ドア | Main | ストレス »