« 大怪獣東京に現る | Main | 映画検定テキスト »

おまけつき新婚生活


評価 : ★★★
(2005/7/9公開 ギャガ 89分)

いい物件には気をつけろ!

原題は『Duplex』(二世帯住宅)。
そのものズバリ、二世帯住宅になってる家を購入したらとんでもないおまけがついていたというお話なんですけどね・・・日本じゃあんな売り方ありえん気がするんだが、あっちはあれでもいいのかなぁ( ̄▽ ̄;)

内容は、ニューヨークに住む作家アレックス・ローズ(ベン・スティラー)と出版社で働くナンシー・ケンドリックス(ドリュー・バリモア)の夫婦がそろそろマイホームと子供をと思い、あちこち探してブルックリンに理想的な物件を見つけるのだが、実はそこは二世帯住宅になっており、昔から政府の家賃統制対象となっている2階には老婆のコネリー夫人(アイリーン・エッセル)が間借りしていることを知らされる。最初は悩んだものの、相手は病弱な老婆、しかも不動産やが「優しいおばあさんですよ」と紹介したものだから、まあいずれあの世へ行くのも近いだろうと判断して購入してみれば、実はコネリー夫人はとんでもない曲者で夫婦は生活を振り回されることになる・・・というコメディ。

まあ・・・コメディっていうか・・・ブラック・コメディになるのかなぁ( ̄▽ ̄;)
曲者っていうか、もうこのコネリー夫人っていう100歳近いという設定のおばあちゃんがもうとんでもないクソババア(※良い子は言っちゃいけません)なんですよ!
老人だから~なんて甘く見ちゃいけない。無邪気そうに振舞ってみせて、あのクソババア(※良い子は言っちゃいけません)はとんでもない悪魔です。よく普通に生活しててもたまにいるじゃない、悪気はないんだけどヒドイ人って。いい人なんだけど余計なことをしたりする人とか一言多い人とかさ。そういう人は悪意がない分、たちが悪いとも言えるけど、まあ憎めないところもあるじゃない。でもこの夫人はそういう類じゃないんだよね・・・もうあそこまでいくとたちが悪いっていうよりもう悪意があるとしか思えない・・・ってかオチに向かうに従っておいらは確信したよ( ̄▽ ̄;)
おー、なんであそこまでやられて追い出せないのさー!?と、おいらはイライラしっぱなし( ̄▽ ̄;)
ありえないです。いじわるばあさんの域を超えてます!(きっぱり)

ドリューが出ているので『ウェディング・シンガー』や『50回目のファーストキス』みたいなラストがハッピーなお話を期待して観てしまい、あのラストのオチに思わず、うわぁっやられたっ!Σ( ̄ロ ̄lll)って思いましたさ・・・。
ババアはとんでもない奴だってのはわかってたけどまさかあんなオチとは・・・そうだよなー、だってどう考えてもこっちが不利になるようにしかならないのっておかしいって思ったもんなー、なんで奴らがつながってることに気づかなかったんだろう( ̄▽ ̄;)←ちょっと悔しい
ブラックユーモアが理解できる人にはいいかもしれないけど、ハッピーエンドを期待する人にはオススメしません( ̄▽ ̄;)

本当にとんでもないクソババア(※良い子は言っちゃいけません)でした。
仕打ちがどんどんエスカレートしていって、観てても唖然(・∀・;)
いやー、あそこまで徹底されたら殺意を抱くのもなんとなくわかる気がしたさー。
憎まれっ子世に憚るとはよく言うものだけど、同じ年老いるならかわいい年寄りにならないとダメだよね( ̄▽ ̄;)

# レンタルで観たのでパンフレット未購入。

|

« 大怪獣東京に現る | Main | 映画検定テキスト »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference おまけつき新婚生活:

« 大怪獣東京に現る | Main | 映画検定テキスト »