« 2006年GW | Main | 油断大敵 »

マダガスカル


評価 : ★★★
(2005/8/13公開 ドリームワークス/アメリカ 86分)

動物園から逃げ出してはみたものの・・・
たどりついたのはマダガスカル!?

絵がちょっと雑だったり脚本テーマがちょっと薄っぺらでお遊びで片手間に作ったように感じちゃうあたりが同じドリームワークスの作ってる『シュレック』とどうしても比べてしまってイマイチなんだけど、アニメらしいありえない映像(シマウマがターザンもどきのことをするとかさ( ̄▽ ̄;))と、『アメリカン・ビューティー』や『キャスト・アウェイ』などいろんな映画のパロディ満載で楽しかった(笑)
子どもも見て楽しめるけど、大人も楽しめるんじゃないかな(特に映画をたくさん観ている人向け)。
ストーリーやテーマを追求しちゃうとイマイチ薄くて軽いので心に残る名作とは思わないけど(笑)

内容は、ニューヨークのセントラルパーク動物園に住むライオンのアレックス、シマウマのマーティ、キリンのメルマン、そしてカバのグロリアの仲良し4頭のうちのマーティが動物園脱走を試みるテロリストペンギン達に刺激されて動物園の外の世界を見てみたいと逃走。慌てた他の3頭が連れ戻そうと後を追うのだが駅で全員捕らえられ、なぜか船に貨物として積まれて強制的にアフリカへ・・・ところが、途中でペンギン達が箱を抜け出し船員を襲って船の針路を変えてしまい、どさくさまぎれに4頭の入っていた貨物が海に落ちて漂流・・・流された先はなんと都会育ちの彼らには全く無縁の自然が広がる島だった・・・というCGアニメ。

メインキャラ達よりも脇役のペンギン達のほうが良かったな(笑)
あのペンギン達がメインキャラのギャグアニメなら確実に面白そうな気がする(笑)

まあ劇場で観るよりもDVDでお手軽に子どもと一緒に流し観るのにいい映画って感じかな~。
テーマはなんだろう?種族を超えた友情?・・・でもそれはイマイチ伝わらない気がするなぁ、浅いから( ̄▽ ̄;)
逆に強調されているのは、ようするに田舎より都会がイチバン!ってことなのかもねぇ、動物も環境に慣れちゃうと便利さを取っちゃうってわけか。田舎暮らしに憧れるって気持ちは都会人のほうが強くあるもんね、田舎にいる人は都会に憧れるってことがあるでしょうし。違う状況に憧れちゃうか今のままの楽なぬるま湯生活に染まってしまうかってのはどの世界でも同じってか?まるで現代を象徴しているようですな(笑)

# レンタルで観たのでパンフレット未購入。

|

« 2006年GW | Main | 油断大敵 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference マダガスカル:

« 2006年GW | Main | 油断大敵 »