« スーパーマン リターンズ | Main | 9か月 »

9・11 NYテロから5年

日記です。

テレビで特番をやっているのを見て、ふと思い出しました。
ああ、あのニューヨークのツインタワー崩壊から5年経ったのだなあと。
これを「もう5年」ととるか「まだ5年」ととるかは微妙ですが・・・。

人はどうしても忘れっぽい生き物なので、喉元過ぎると熱さを忘れてしまいます。
でも5年前の今日、自分がどこにいて何をしていたのかは今でもハッキリと覚えています。
あの事件は日本時間の夜だったこともあり、リアルタイムで現地から送られてくる映像をテレビで見た人も数多いからその時自分が何をしていたか覚えている人も多いんじゃないかな。
(あと、おいらがハッキリと覚えているのは、学生の時に実際に被災した阪神大震災の時のこと。人は衝撃を受ければ、何年経ってもけっこう覚えているものですね。実際巻き込まれると忘れる部分もありますが( ̄▽ ̄;)←大震災時の記憶は一部欠如)
5年前の当時、おいらは実家の自室がリフォーム工事中で隣の部屋に荷物とともに押し込められて狭い中でテレビを見てニュースを知りました。
映画のように作られた映像じゃなくて、現実に起こっているすごい事件がテレビを通じて報道されていました。
飛行機衝突という想像を絶する映像がテレビ各局で次々と映され、最後には最悪のシナリオ通りにタワーは崩壊。映画ではなく、ニュースであんな動画が伝えられるなんてちょっとありえない事件です。
あまりにも衝撃的だったため、あちこちにメール。
夫(当時はまだ結婚してなかったけど)はちょうど仕事から帰る途中で、おいらからの「ビルに飛行機が衝突した!」というメールに「ビルって誰?」とかいう的外れな答えを返す有様でしたが(・・・誰だよ、ビルっていったらビル・ゲイツくらいかよ( ̄▽ ̄;)!)、帰宅後、テレビを見て仰天したそうです。
・・・まあ、仰天しない人間はいないよなー。他の友達も「えーっ!?今テレビ見た!何あれ!?」と返信が返ってきていました。
自然災害はしょうがないとしても、せっかく命や感情を持って生まれてきたのだから、人としての愚かな行為は慎むべきですよね。今生きている一瞬一瞬を大事にして生きていかなくては・・・というのを、ああいう衝撃映像を見る度においらは思うのです。
だから10日夜にアルカイダがまたイスラム教徒に米国への抵抗運動強化を呼び掛けるビデオメッセージをWeb上で発表し、「新たな出来事」が近く起きるだろうとしてテロ攻撃を警告したというニュースはとても残念。
憎みあいの連鎖はいつになったら終わるのか、戦いには戦いで挑むしかないのか?人間はどこまで愚かなのか、と思うわけです。
・・・まー、そんなこと言いながら売られた喧嘩は買ってしまいそうなおいらなのですが(あ、自分からは売りませんよ、平和主義なので( ̄▽ ̄;))、いつかその憎しみあいの連鎖がなくなる日がくることを切に願います。

ちょうど、今年は9・11をテーマにした映画、「ワールド・トレード・センター」(オリバー・ストーン監督)と「ユナイテッド93」(ポール・グリーングラス監督)の2本が公開されています。片方は希望があり、片方は描写が生々しすぎるとの評判ですが、悲劇を繰り返してはいけないと言いつつテロや戦争や事件を繰り返してしまう人間には残しておくべき必要な映画だと思っています。出来はどうであれ、外国の事件だからって忘れていい話ではないと思うし、命について、平和について、いろいろなことを考える意味でも、事件を風化させないように9・11は覚えておくべき日なのかもしれません。

・・・と言いつつ、おいらはまだ2本とも観てませんが・・・観たいんだけどねぇ~、どうもDVD待ちになってしまいそうです( ̄▽ ̄;)

|

« スーパーマン リターンズ | Main | 9か月 »

Comments

私は5年前はダンナと入籍して一緒に住み、
結婚式の準備に追われている頃でした・・・。
ホント衝撃的でしたよね。
映画でもやってるんじゃないかと思ってました。
昨日特番やってましたよね。
ソレ見ながら涙出ました。
私宗教のコトはよくわからないけど、
「戦いに行け」とか「誰かを殺せ」とか「自爆しろ」とか、
そんなコト言う神様っているのかな。
どんな命も大事にしなさいって、
神様は言うんじゃないのかな。
そしてあのWTCで亡くなった人達の中に、
殺し合いを望む人がいるのかな。

「ユナイテッド93」観たいけど・・・。
観れるかなー・・・(;´Д`A ```

Posted by: はりあ | 2006.09.12 01:55 PM

私も宗教はよくわかりませんが・・・他人が無理矢理に摘み取っていい命なんてないと思います。
でも人間ってとても脆い生き物なので、どこかで道を踏み外して悪魔の囁きを聞いてしまうことがあると染まりやすいのかもしれませんね。

その昔、日本でも与謝野晶子が「君死にたまふことなかれ」という反戦詩を詠みましたが、この詩に込められた想いは時代を超えても決して変わることないものだと思います。
いつか世界中が安心して安全に暮らせる世の中になればいいと切に願います。

Posted by: りす | 2006.09.13 01:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 9・11 NYテロから5年:

« スーパーマン リターンズ | Main | 9か月 »