« X-MEN:ファイナルディシジョン | Main | 予定日 »

DEATH NOTE デスノート the last name

※ Amazonリンクの検索をしましたが、DVDがまだありませんでしたので後日。

評価 : ★★★★
(2006/11/3公開 日本/日本テレビ/ワーナー 140分)

2冊のデスノート。衝撃は増殖する。

そのノートに名前を書かれた人間は死ぬ

11.3-誰が死に、誰が生き残るのか。

先日、テレビ放映を観て酷評したはずの『デスノート 前編』なのですが。
Yahoo!Japanのユーザーレビューの評価が4.54と異常に高い数字を出してる上に、前編を観てダメだこりゃって言ってた人ですら後編は良かったと評価を上げているじゃーあーりませんかー Σ( ̄ロ ̄lll)

なんで(・∀・;)?(素朴な疑問)

・・・というわけで興味を持ったので、予定日前日(!)だったのですが、腰痛がひどいだけで全然兆しがなさげなので、先日ワーナーマイカルで貰った12月15日まで有効期限の15周年記念の映画鑑賞チケット割引+ポップコーンS無料チケットを使いに、腰痛対策のビーズクッション持参で観に行ってきました( ̄▽ ̄;)(←チャレンジャー)
朝イチを狙ったのですが、昼イチですらチケット完売。
グッズ売り場には「以上の商品はただいま品切れ中です」って貼紙がしてあって、サントラとミサミサの指輪以外の商品が完売状態・・・ちょっと待てよ、3日に公開になったばかりだろ!?
何、その人気・・・( ̄ロ ̄lll)?(驚)

とりあえずパンフレットを買ったけど遅くなるし腰痛いしもういいかー帰ろうかなーと思ったものの、なんとなくせっかく来たのに悔しいので近くのスターバックスで10周年記念でカスタム無料だ~とか言いながら時間潰し。ちょうど店員さんにまんまと勧められて10周年限定タンブラーを買ってしまい、お茶を飲んだりして次の上映開始を狙って結局観てしまったという・・・今日はやたらと下のほうで動きまくるので(道を広げているのか?)途中で破水したらどうしようとかも思ったんだけど、まあ大丈夫かなって・・・( ̄▽ ̄;)(←やっぱりチャレンジャー)
上映開始1時間前にチケット売り場に行ったらすでにチケットは残りわずかだったので購入。
すごい人気ですな・・・。どーでもいいけど原作はたしかに漫画とはいえ、内容的に「死」を扱うものだから3歳くらいの子連れで来るのはちょっとどうかと思うよ・・・途中騒いだりしてたのを何人か見掛けたけど(;¬_¬)

それはさておき、いつものように内容から。
死神リューク(声:中村獅童)が落としたデスノートを拾い、「キラ」として法で裁けない凶悪犯の名前を書いては次々と死に至らしめる天才大学生、夜神月(月=ライト/藤原竜也)を疑う天才探偵L/竜崎(松山ケンイチ)との頭脳戦の続き。前編のラストでリュークとは別の死神レム(声:池畑慎之介)のデスノートを手に入れたキラを崇拝するアイドルの弥海砂(戸田恵梨香)が第2のキラとなって行動を開始したため、推理と捜査の方向が変わっていき・・・という二人の天才の騙しあいの頭脳戦・心理戦を描いたサスペンス。

前編で、ガッカリしていたのでそんなに期待してなかったんだけど・・・これはちょっとやられたかもなぁ( ̄▽ ̄;)
多分、原作も人気絶頂期にこういう終わり方をしたかったんじゃないかなーというくらい、ある意味、理想的なラストに変更されてました。ネタバレを避けるためどういうラストになっていたのかは書きませんが、原作ファンを大きく裏切るものではないと思います。
一応、原作を凝縮してあるし、大きな意味では原作同様のラスト(最後に書かれる名前は同じという意味)につながるんだけど、そこへの過程がちょっと違うのね。
原作ではヨツバグループとかニアとかメロとかいう人たちが出てくるんだけど、今作ではそのあたりは一切カット。
その代わり、ヨツバの代わりをアノ人にさせたりとか、オチの持っていき方が変わったりとかしてます。
でも原作と違うからって全然、不快じゃないんだなー。
むしろ映画のほうが自然っていうか、そうあってくれたほうが納得っていうラストになってます。

・・・そうなんだよなー、原作じゃあライトが迂闊なアホじゃないので隙を感じないんだけど、映画だと隙がありすぎてミスキャストじゃないのか?アホか!って感じで脚本がダメダメと思ったので前編を観て納得してなかったんだけど・・・あーなるほど、ライトはこのくらい迂闊でアホで幼稚じゃないとこのラストにはつながらんからそれでいいのかーと納得だ・・・そういう意味で天才の設定のはずなのに字が汚いってのも(字が汚い=精神が子どもという意味で)納得だ( ̄▽ ̄;)(笑)
・・・とか思いながらパンフレットを読んでいたら同様のことを監督がインタビューで答えてました。・・・だけどそれは深すぎて前編だけ観たらわからないよ・・・ _| ̄|○  

まあ、前編同様に突っ込み所はあるんだけどそれでも減ったし、CGがやたらCGくさいのが気になるっちゃ気になるけど・・・許容範囲かなー(見慣れたともいうが)。
とにかく前編より格段によくなってました。
特にLが素晴らしい。
主役食ってたね、うん、アンタの映画だよ、後半は。
(それにしても甘党の設定とはいえ、すんごいモノ食べてたしな・・・角砂糖とかシロップとかそのまま食うなよ( ̄▽ ̄;))
前編だけ観て「こりゃダメだな」って思った人でも、今作ではあれほどガッカリしないし評価が上がるかも。
原作ファンでもそんなにガッカリしないと思います。
ていうか、むしろ、映画のほうが面白い所だけを凝縮した分、弛まなくてある意味よかったのかも。
キャストがイメージに合う人と合わない人がいたりエキストラが下手だったりするので(特に前編はひどい)、ものっすごく傑作だとまでは言わないけど、後編でうまくまとめてるなーという印象でした。
前編観た人や興味のある人にはオススメします。

あ、そうそう、余談ですけど。
Yahoo!Japanのユーザーレビューとかでやたらと書かれていた脚線美って出てくる女優さん達のことだったのね。
そういえばやたらにミニスカートとかで足が強調されている気がしました。出身がグラビアとかモデルさんとかだし、サービスカットなんでしょうけど・・・でもそれで点数を上げるのは何か違うと思うぞ( ̄▽ ̄;)

# パンフレットは700円。原作に出てくるミサミサが使うデスノートちっくの装丁で作られています。前編のパンフもまとめて買ったんですが(どっちも700円)、前編より後編のパンフのほうが内容が濃いかも。

「デスノート」関連サイト
DEATH NOTE -デスノート-

|

« X-MEN:ファイナルディシジョン | Main | 予定日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference DEATH NOTE デスノート the last name:

« X-MEN:ファイナルディシジョン | Main | 予定日 »