« 出産日記 その2 | Main | ポーラー・エクスプレス »

私の頭の中の消しゴム


評価 : ★★☆
(2005/10/22公開 韓国/ギャガ 117分)

死より切ない別れがある。

久々の映画ネタ。
(息子のお世話の合間に年賀状デザインをしているのだが飽きてきたので気分転換に書いてみたとも言う・・・)

この前、テレビ放映されていたのを観たのですが・・・ごめん、おいらはハマれなかったよ( ̄▽ ̄;)
映画館で予告を観て、泣けそうな映画だと思っていたのだけど、観てみた結果は全然泣けなかったんだよね。
若年性アルツハイマーとか純愛とかテーマは良さげだったのだが・・・。
なんというか・・・脚本に若干(というか、かなり?)無理があって突っ込み所満載なような・・・いやー、多分、素直に受け入れて観るといいのだろうと思うんだけどおいらは雑念が多いのだろうか( ̄▽ ̄;)

内容は、工事現場で働くチョルス(チョン・ウソン)と、社長令嬢でデザイン事務所(?)で働くスジン(ソン・イェジン)が、コンビニでコーラをきっかけに出会い、恋に落ちて結婚するのだが、大したことではないと思っていたスジンの物忘れが肉体的な死より精神的な死が先に訪れる若年性アルツハイマーとわかり、次第に大事な記憶を忘れていき幸せな日々が崩壊していくスジンと、そんな妻を支えるチョルスの二人の愛の絆を描いたラブ・ストーリー。

うーん・・・だいたいアルツハイマーが発覚するまでが長いんだよなー。
二人の出会いからのエピソードがいるのかどうかも微妙。まず出会って2~3回で恋に落ちるというのもよくわからないし・・・一目惚れにしては期間があいてるし、わかりあうにもあんなエピソードだけじゃ無理じゃね?
それに身分違いの恋→親の反対→認められてとんとん拍子→ショックな出来事みたいな設定も(なぜか韓国ドラマにものすごいありがちに見えるのだが)必要なのかどうか?
あまりにも馬鹿っプル全開のベタベタなラブラブ演出がしつこいくらい長いのにも引くし・・・あーんなベタベタベタベタしてんのが韓国じゃ普通なのか?なんかおいらは観てて恥ずかしいんですけど( ̄▽ ̄;)
で、肝心のアルツハイマー発覚の展開は速いんだよな・・・そこがメインなんじゃないのか?
それに韓国の医者は歯に衣着せずに本人に突然告知しちゃうのか?とか・・・あんな告知の仕方じゃあ本人がいろんなことを忘れていくより先にショックで自殺して死んでしまうかもとか思わないんだろーか( ̄▽ ̄;)?
「(アルツハイマーの)多い家系なんだ」で施設にあっさりぽーんと放り込んでしまって後はいいのかよ?みたいなヒロインの家族にも引いちゃうし、いきなり彼女の昔の男を殴ってボコボコにしてしまう彼もどーなの?って感じだし(いや、まあそれまでの流れを観てたら理由はわかるけどさぁ・・・( ̄▽ ̄;))、あのファミリーマートとコカコーラはスポンサーだかなんだか知らんが過剰演出過ぎるような気が・・・( ̄▽ ̄;)
ラストもイマイチどーなんだろって思うしなあ・・・うーん・・・。

多分、ハマりこんで好きな人はものすごく好きな映画だと思うんだけど、あの世界観にハマれないと最後までノリきれないような微妙~な映画だと思います・・・多分、編集の段階でか脚本の段階でかわからんけどストーリー背景が抜けまくりなんだと思う、こういうのは連続ドラマでこそ生きる内容のような気が( ̄▽ ̄;)
それともTVで観たから肝心なところがかなりカットされてたのかなー?
・・・まあ、たとえそうでももう一度観たいとは思わんが( ̄▽ ̄;)(←冷静に観るとあのラブラブぶりが観ていて恥ずかしいから)

そーいえば似たようなテーマの映画やドラマが日本でもあった気がします。・・・っていうか、たしか日本のドラマが原作だっけ。永作博美が主演だったやつだったかなぁ?(『PureSoul』?)。そっちのがよっぽど出来がいい気がする、個人的に( ̄▽ ̄;)
深いテーマで盛り上げていってるはずなのに観ると意外にあっさりになっているのが残念かも。
・・・あ、カッコイイ系の男とキレイ系の女が中心なので画的にはいいかもしれんが( ̄▽ ̄;)、そもそもこの上映時間でまとめるには脚本に無理があるんだよなぁ・・・。

あ、関係ないけど、ヒロインの雰囲気が蒼井優に似て見えるのはおいらだけっすか( ̄▽ ̄;)?


「私の頭の中の消しゴム」関連サイト
私の頭の中の消しゴム

|

« 出産日記 その2 | Main | ポーラー・エクスプレス »

Comments

ぷるる的には・・・病気をネタにしてお涙頂戴なストーリー展開がゆるせない。チョン・ウソンふぉ~り~んら~ぶ♪な自分ですが、この映画鑑賞になかなか踏み切れなかった。
で、実際に鑑賞した感想は、ストーリーよりも「チョン・ウソンがかっこよかった♪」
たしかにつっこみどころ満載です。

>身分違いの恋→親の反対→認められてとんとん拍子→ショックな出来事

これは韓国モノの定番です。
でも・・・残念ながら涙してしまうんですよねー。
ベタなストーリー展開にかえって安心してしまうのかも!?

韓流はね、花美男をみるんです。ストーリーを求めてはいけません。

でも、『王の男』は結構良かったんですけどねー(ストーリ展開はベタですが)
りすさんには、おしりムズムズで無理かな!?

Posted by: ぷるる | 2006.12.24 10:25 PM

かの国の黄金パターンそのまんまじゃないか、これ。
「極東のラテン系」とはよく言ったもの。
いい加減飽きた。

2002年からいろんなドラマ見てきたけど
やっぱり日本人にはノスタルジー以外の物が
感じられないと思うんです、韓国ドラマには。

Posted by: TOMY.J | 2006.12.24 11:50 PM

>ぷるるさん
おいらも、病気でお涙頂戴ネタは苦手っす・・・だから劇場で観なかったんだけどさー( ̄▽ ̄;)
あ、チョン・ウソンはカッコイイよね!
韓流は花美男を見るっつーのはわかる気がするわ。
あ、でもおいらが最初に観た韓国映画は『シュリ』でその次に観たのが『猟奇的な彼女』だったんだが(笑)
(あれらは・・・美男子では・・・ゴホゴホ( ̄▽ ̄;))

『王の男』はあの女かと思うほどの妖艶な彼に興味あるよ!
でもストーリーはベタなのか・・・うーむ・・・DVDまで待つよ( ̄▽ ̄;)

>TOMY.Jさん
たしかにあんまりワンパターン過ぎると飽きるよねえ。
むかーしの日本のドラマもそういう時期があったので、しばらくしたら全く違うものができるかもしれんが、もうその頃には日本でのブームは去っているかも。

Posted by: りす | 2006.12.25 03:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 私の頭の中の消しゴム:

« 出産日記 その2 | Main | ポーラー・エクスプレス »