« ライラの冒険 黄金の羅針盤 | Main | 魔法にかけられて »

甘~い芸術作品たち

久々の日記。

皆さん、ゴールデンウィークはどのように過ごされました?

うちは水族館へ行ったりして基本的には子ども中心に過ごしてましたが、6~7年前にスイーツ好きの男友達に誘われて見たのがきっかけでそれ以来毎年楽しみにしている洋菓子フェスタが今年も開催されることを知って5日に友人とともに行ってきました。

毎年、「おぉ~!」と思うすごい作品がたくさん出品されているので画像撮りまくり。
素敵な作品が多いので一部紹介したいと思います。この感動は共有せねば!(笑)

日記も多いけど、一応、ここは映画系を中心にしたブログなので、今年の映画系作品から。
(毎年、一つは映画系の作品があるのです)

P1180196m

さてなんの映画をテーマにしたものでしょう?(クリックで拡大)
羅針盤とクマがヒント(って、観た人にはわかりやすすぎ・・・( ̄▽ ̄;))

答えと他の芸術作品たちを含めた続きを読みたい人は以下をどうぞ。
(先に断っておきますが、画像を多用したかなり長~~~い記事です( ̄▽ ̄;))

-----------------------------------------------------------------

答えは「ライラの冒険」。
タイムリーなことに一個前の記事でした( ̄▽ ̄;)

ちなみに2007年は「マリー・アントワネット」(多分・・・画像見るとヒールの女性靴がいっぱいあったので一瞬シンデレラ?とか思ったけど、たしか2006年製作だけど2007年1月公開だったと思うから)、2006年は「ナルニア国物語」、2005年が「ハウルの動く城」、2004年が「ロード・オブ・ザ・リング」、2003年がデジカメ買い換えた直後頃くらいなのであんまり画像が残ってなくてうろ覚えなんだけど「美女と野獣」・・・あと、からす天狗(?)みたいなやつがいる和風っぽいやつは映画かなんだかわからないんだけど構図が似ているのでもしかしたら映画かもって感じ・・・それより前は画像が残ってなくてわからない( ̄▽ ̄;)(・・・というかいつからやっているイベントなのだろう?)

この他にも大型作品や、普通のホールケーキサイズの工芸菓子がたくさんあったのでいくつか紹介。

P1180184m
まず入り口左手側にはケーキハウス ツマガリの「Bon appetit」。
レオナルド・ダ・ヴィンチの有名作品モナリザがマカロンに手をのばしています。
夫はこれを見て「えっ、これモナリザ?・・・なんかいじきたないよね(笑)」と言っていました・・・いやいやいや違うだろ( ̄▽ ̄;)

P1180194m

こちらはユーハイムの作品。
飴細工のクマノミがリアルで、ちゃんと泳いでいるように見えるんですよ、これがっ!
珊瑚も本物っぽいけど全部お菓子。すごいね~。

P1180197m

こちらの飴細工はアンリ・シャルパンティエの作品。
華やか~。なんとなくですが、お店のカラーがでますね。

P1180199m

こちらは神戸風月堂の作品。
海賊は「パイレーツ・オブ・カリビアン」のジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)がモデルでしょうか?
画像見づらいけど海と船がこまかくてリアル!

P1180200m

こちらは御影高杉の作品。
何、このクオリティ・・・剥製並みにリアルな鳥の羽がスゴイ( ̄▽ ̄;)


さて、ここからは第3回デコレーションケーキコンテストの中から個人的に気にいったものをいくつか紹介します。
(あくまで個人的に、なので、賞とってないのも含まれてます)
なお、今年のテーマは「オリンピック」です。

まずはデコレーションケーキコンテストBクラス(パティシエ歴4年未満)より2点ほど。
他にも4年未満でもこんなのが作れるのかっという驚きの連続だったのですが、残念ながら壊れている作品も多かったです。
実は以前からなんですが、もともとほとんどの作品がカバーついてないんですよね。それだけ近くで見られるのでいい反面、自然に壊れたのか誰かが壊してしまったのか知りませんが毎年「バラバラ事件」が発生しています。それにしても今年は行ったのが開催5日目だったからか壊れている作品の数が目立ちました( ̄▽ ̄;)。
(Bクラスなので温度などを考慮せず設計ミスで壊れてしまったものもあるのではないかと夫が推測していました。実際どうなのかは知りませんが実にもったいない!完成直後を見たかったものがたくさんありました。)

P1180237m

ホテルオークラ神戸のパティシエさんの作品。
飴細工のドームの中にいる動物達がそれぞれオリンピック競技をしています。
かわいい~。

P1180252m

こちらはBクラスの最優秀賞を受賞されてましたユーハイムのパティシエさんの作品です。
躍動感と元気溢れる作品ですね~。

続いてAクラス(パティシエ歴4年以上)。
やはり年季の違いでしょうか?壊れているものは比較的少なかったし、さすがと思う技術が詰まった作品が多かったです。

P1180265m

レーブ・ドゥ・シェフのパティシエさんの作品。
シンクロナイズドスイミングです。これは画像だと見づらいのだけど、中心のドームの中の人が上の人を支えてつながってるんですよ。すごいね~。

P1180273m

こちらはアンファン・シャントゥール(※ホームページを開設していないのかURLが見つけられませんでしたが、Google検索結果を読むと阪急六甲駅近くのパン屋さん「ポエム」と併設しているお店のようです)のパティシエさんの作品。
イギリスと中国が握手してるんだけど後ろの「権力」と「歴史」が風刺的なブラックユーモアが効いてる感じで笑えて個人的にはすごく好き(笑) もともと「権力」に傾かせた作品だったのかどうかは知りませんが( ̄▽ ̄;)
これ見づらいんですが(会場でも見づらかったんだけど)、聖火台の部分に文字が書かれてるんですよ。オリンピックの歴史がどうとか・・・でもせっかく書いていても後ろや側面が見えなかったのでわからずです、もったいない( ̄▽ ̄;)

P1180278m

こちらはケーキハウス ツマガリのパティシエさんの作品。
さすがです、龍の浮いている部分のバランスの良さ!

P1180282m

こちらはアンテノールのパティシエさんの作品。
これってあれだよね、北京オリンピックのマスコットキャラクターだよね?
そっくり~、よくできてる~、むしろケーキにしたほうがカワイイ~(笑)


P1180285m

こちらは神戸国際調理製菓専門学校(EcoleCPですね「♪エコ~ルセ~ペ~♪」ってCMを昔見た気がするなぁ・・・)の生徒さんの作品。
お店だけじゃなく製菓部門のある専門学校の生徒さんも出品されてました。
細工がこまかいっ!


さて、引き続いては大型作品。
見ているだけで楽しくなっちゃうアンテノールの「お菓子の家」です。

P1180300m_2

正面から全景撮影。

P1180302m

サイドから。これ、わかりますかね?中もちゃんと作りこまれてるんですよ。

P1180303m

正面から撮影。
見づらいかもしれませんが、中にはローストチキンを囲んだ人が見えます。メルヘンだなぁ~♪

P1180307m

こちらはヴィタメール/アンテノールの「夢の宮殿」。
これは正面だけでなく、

P1180305m

後ろもこの通りお菓子が!
・・・それにしてもこの人形ってどこか大きな邸宅の噴水とかある庭先に置いてあってもお菓子だとわからないんじゃ・・・( ̄▽ ̄;)?
クオリティ高すぎ。素敵すぎる。


お次はツマガリコーナー(と勝手に呼んでいるだけですが)。

P1180310m

ここ数年似たようなのがでてたと思いますが何回見てもすごいや。
おそらく全て飴細工なんですけど、何このクオリティ。こちらもどこかの大邸宅に置いてあったら絶対お菓子に見えないはず。

P1180319m

渋いところでいけばこの毘沙門天も迫力がすごいです。
なんでこれをお菓子で作れるのかがわからない。

P1180311m

上のような渋い系があるかと思いきや、お隣にはこういうフランス人形系のかわいいのがあったりします。

P1180313m

続いて和風。ひなまつりです。
十二単のひだとかすごいな~。
そうそう、ひなまつりは2作品あって、

P1180316m

こちらも素敵でした。残念ながら後ろがちょっと割れちゃってますが・・・。
お供えしている杯の中にもお酒に見立てた何かが入ってて芸が細かいです。

P1180321m

毎回、会場に入ってすぐ正面にこういう背の高い作品がどどーん!と置いてあるのですが、今年もありました。
こちらはヴィタメールの「クラシカルウェディング」です。
すごく繊細でこまかいのなんのって・・・この画像ではわかりにくいかと思いますが、下のほうの土台のトンネル状にぐるっと一周しているところは中にも黄色のお花が見えるんですよ。

P1180189m

そうそう、ウェディングといえば今年も江崎サロンプレステージのウェディングケーキがありましたよ。
この花も全部砂糖だなんて驚き。

お次は神戸国際調理製菓専門学校コーナー。

P1180323m

シェフパティシエ科の方々(17~18名の名前が手前の紹介プレートに書かれていました)が40kgの砂糖で作った「ミラノ大聖堂」です。

P1180324m

角度を変えて全景。
建物の重厚感もすごいけど、何よりすごいのが窓の部分のステンドグラス!

P1180325m

全部ちゃんとこういうふうに描かれてるんですよっ!
どうやって作っているんだろう・・・( ̄▽ ̄;)

P1180326m

別角度から。
見ての通り、真四角の建物ではない上に段差があちこちにあるので組み立てはすごい労力だろうな~と思います。素晴らしい。きっと将来素敵なパティシエになれるよ!

そうそう、この大聖堂を撮影している時に横から見知らぬ男性が近づいてきて「あの、よかったらどうぞ」と紙袋の中からコピーしたチラシを貼ったクッキー小袋(3枚入り)を差し出されました。
「はぁ、どーも」と受け取って見るとチラシには『Blog 洋菓子フェスタ in Kobe プレゼント企画』、『神戸新聞×goo』。そして「私、このブログをやってる者で・・・」と差し出されたブログのトップらしいケーキ画像満載の画面を印刷した用紙をチラッと見た途端に見覚えがあることに気づきました。
「あぁっ、見たことあるー!」
そうです。
友人といつ行くか相談するため今年の洋菓子フェスタの情報を収集しようとGoogle検索した時に見たブログだったのでした。
声を掛けられたのはどうもブログを見たことがあるかどうかの調査だったようです。(結局、どのくらいの人が見ていたのかなあ?)
・・・もっとも、ブロガー限定試食会とか合言葉でクッキーをプレゼントまでは読んでましたが(ここのブログ、すごいんですよ。ほぼ毎日更新してるんだもん、手が空いた時に思い出したように更新するうちのブログとは大違ーい( ̄▽ ̄;))その直後にアップされたらしい記事以降は我が家の1歳児の世話で忙しくて読んでおらず、写真でレポートすると抽選で商品券がもらえるというプレゼント企画第2弾のほうは会場でこの方に聞くまでは知らなかったのですが( ̄▽ ̄;)
「よかったら写真を送ってください」と言われたので、滅多に他所に書き込んだりトラバしたりしないのですが、これも何かの御縁かと思うのでトラバさせていただきます♪
まあ、6日までだったので今年はもう終了してしまった上にまとめる文才がなくだらだらと書いているので口コミ宣伝効果はあるんだかないんだかですが・・・まあ商品券はともかくとしてせっかく画像もたくさん撮ってきたのでお披露目ということで( ̄▽ ̄;)

それはさておき。

P1180337m

これ何でできてると思います?パンですって。
こちらはシェフ・ブーランジェ科(製パン)の卒業制作だそうです。
パンもこんなふうになるのか!と驚きです。

P1180341m

こちらはシェフ・パティシエ科の作品。おそらくチョコでできてるんだと思います。
後ろに同じような格好をしたチョコがあるので対比ショットになるように少し中心をずらして撮影しました。
後ろのほうは先生(?)の作品みたいでした。生徒のほうがファッションモード系だなあと思ったらタイトルが「Elegance~優雅~」。なるほどねぇ~。

あと、会場ではケーキ教室や工芸菓子実演コーナーがあったのですが、

P1180345m

これは前日の工芸菓子実演コーナーで作られた作品だそうです!
それって一応、時間に制限あるよね?1日でこんなのができるなんて!
こちらは猪名川ヒロケーキ工房のパティシエさんの作品です。
ここは近づくだけでチョコレートの香りが立ち込めていました。

P1180348m

こちらは五感のパティシエさんの作品。
見づらいかもしれませんが真ん中に飴細工のティアラがあるんですよ。
一緒に行った友人が「かわいい~」と撮影していました。

P1180350m

こちらはプチ・フランスのパティシエさんの作品。
穏やかな春らしい作品ですね~。

P1180352m

こちらはラ・パティスリー・ドゥ・ジョエルのパティシエさんの作品。
この花、本当にお菓子・・・( ̄▽ ̄;)?
本物に混じらせておいても一見わからないかも。

P1180355m

こちらは大阪全日空ホテルのパティシエさんの作品。
ガラス細工のようですね、ホテルのフロント前ホールとかに置いてもお菓子だとわからないかも!

さて、お次は当日やってた工芸菓子実演の様子を少しだけ。

Kougeigashi

飴細工を作っているところです。(ちょっと一枚にまとめるときにしくじったけどご愛嬌( ̄▽ ̄;))
丸いのは無印良品の型を使って作って、後からバーナーであぶってつやだししているそうです。
長くひっぱっているのはリボンを作っているところ。途中で冷めてしまってレンジで温めたりしながら作ってましたが、色を互い違いに重ねて引っ張って切って重ねて引っ張って切ってというのを3~4回繰り返してから引き切って作るんだそうです。なるほど~。
こういうのって製作過程を見る機会はほとんどないので見てて楽しかったです。
ただ、完成まで3時間くらいかかるらしいと司会の人が言っていたので早々にイートインコーナーへ行ってしまいましたんで完成形がわからないままなのですが( ̄▽ ̄;)
(せっかく実演するんだったらちょっと高い舞台か何かの上でしてくれたら後ろのほうでも見やすくてもっとよかったかな~と思いますがそれは来年以降に期待ってとこでしょうか~)

さてさて工芸菓子を堪能した後は、お土産が買えるスイートストリートへ。
たくさんの美味しそうな洋菓子が並んでいます。今年はマカロンが多かったかな?個人的にはあの皮が歯の裏に貼りつく感じであんまり得意ではないんですが( ̄▽ ̄;)(←でも貰ったら食べる)
菓子sパトリーのミルキッシュジャムを発見!
神戸空港でミルキッシュジャムを買って美味しかったんで、その後、リピーターとなってネットで調べたりして抹茶とかも買ってたんですが、塩味が気になっていたので試食して買いました。ケーキは自宅まですぐ持ち帰れないのでイートインコーナーで食べることにして今回のお土産はこれだけ~。

で、100種類の中から好きなケーキ2個+ドリンクを千円で提供しているイートインコーナーで何を食べたかというとこちら。

P1180369s自分のチョイスはオレンジジュース、ケーキが左がシェフアサヤマのチーズロール、右がアンテノールのマンゴーのモンブラン。
マンゴーモンブランから食べたのですが、一口食べたら、「うわっ、マンゴー!!!」と確実にわかるほどの風味。
息子にクリーム部分をちょっとあげたらもっとくれとフォークを差し出してきました・・・まだ喋れない一歳児のくせに( ̄▽ ̄;)
チーズロールのほうは冷たくないソフトクリームのチョコのような味。

P1180370sこちらは友人のチョイス。
オレンジジュース、奥が元町ケーキ(※ホームページを開設していないらしく見つけられませんでした)の元町ロール、手前がむぎっこ&ティザーヌのチェリーパイ。
元町ロールは、ふわっと系の王道ロールケーキ。
チェリーパイもお酒がちょっときいたなんとなく懐かしいような定番の味。

P1180371sこちらは夫チョイス。
(写ってないけど)無糖アイスコーヒー、左がむぎっこ&ティザーヌのカーニバル・ド・フリュイ、右が猪名川ヒロケーキ工房のプランタン。
カーニバル・ド・フリュイは下がババロワで上にたくさんのフルーツが載っています。
このフルーツの大半は息子が食べてました・・・( ̄▽ ̄;)
プランタンは中に苺と木苺が使われた苺づくしのバニラムース。
なんかライムっぽい味が少しするなあと思ったらライム風味が入ってました。
見た目から雪苺娘みたいだなあと思っていたのですがもっと口当たりがふわっとしてました。

長々とだらだら紹介してきましたが( ̄▽ ̄;)、以上で洋菓子フェスタのレポートを終わりまーす♪
行けなかった人も少しでも行った気になってくれればと思います。スイーツって笑顔を運んでくるしね(笑)
できるだけ人の顔が写りこんでいない画像を選びましたが、写りこんじゃってる人、ごめんなさい。面倒なので加工はしません、ご了承下さい。(どーしても加工してくれというなら別だけれど( ̄▽ ̄;))

しかし、スイーツの街だと謳うだけあるよなあと毎度ながら再認識するイベントですね。
しかもこのクオリティで工芸菓子の見学は無料!ケーキ教室も参加無料!(整理券配布制だけど)
なんて素晴らしいイベントだろう。次回はどんなものを見せてくれるか楽しみですね。

|

« ライラの冒険 黄金の羅針盤 | Main | 魔法にかけられて »

Comments

wcyai onxpkc psrjbife mrqpz bfxkpw jtgrofdx xnwrfzu

Posted by: ocwyg xybmgzr | 2008.05.23 12:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 甘~い芸術作品たち:

« ライラの冒険 黄金の羅針盤 | Main | 魔法にかけられて »