« アカデミー速報 | Main | なんと・・・ »

第66回ゴールデングローブ賞発表

おぉ、アカデミー賞の前に順番的にこっちを先にあげとかなきゃね。
今年はテレビであんまり大きな話題になってなかったので忘却の彼方でした・・・。

最優秀作品賞(ドラマ部門) 
★「Slumdog Millionaire (スラムドッグ$ミリオネア)」
 「The Curious Case Of Benjamin Button (ベンジャミン・バトン 数奇な人生)」
 「Frost/Nixon (フロスト×ニクソン)」
 「The Reader (愛を読むひと)」
 「Revolutionary Road (レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで)」

最優秀作品賞(ミュージカル・コメディ部門)
★「Vicky Cristina Barcelona (それでも恋するバルセロナ)」
 「Burn After Reading (バーン・アフター・リーディング)」
 「Happy-Go-Lucky (ハッピー・ゴー・ラッキー)」
 「In Bruges (イン・ブルージュ)」
 「Mamma Mia! (マンマ・ミーア!)」


最優秀監督賞
★ダニー・ボイル 「Slumdog Millionaire (スラムドッグ$ミリオネア)」
 スティーヴン・ダルドリー 「The Reader (愛を読むひと)」
 デビッド・フィンチャー 「The Curious Case Of Benjamin Button (ベンジャミン・バトン 数奇な人生)」
 ロン・ハワード 「Frost/Nixon (フロスト×ニクソン)」
 サム・メンデス 「Revolutionary Road (レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで)」

最優秀主演男優賞(ドラマ部門)
★ミッキー・ローク 「The Wrestler (レスラー)」
 レオナルド・ディカプリオ 「Revolutionary Road (レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで)」
 フランク・ランジェラ 「Frost/Nixon (フロスト×ニクソン)」
 ショーン・ペン 「Milk (ミルク)」
 ブラッド・ピット 「The Curious Case Of Benjamin Button (ベンジャミン・バトン 数奇な人生)」


最優秀主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)
★コリン・ファレル 「In Bruges (イン・ブルージュ)」
 ハビエル・バルデム 「Vicky Cristina Barcelona それでも恋するバルセロナ)」
 ジェームズ・フランコ 「Pineapple Express パイナップル・エクスプレス)」
 ブレンダン・グリーソン 「In Bruges イン・ブルージュ)」
 ダスティン・ホフマン 「Last Chance Harvey ラストチャンス・ハーベイ)」

最優秀主演女優賞(ドラマ部門)
★ケイト・ウィンスレット 「Revolutionary Road (レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで)」
 アン・ハサウェイ 「Rachel Getting Married (レイチェルの結婚)」
 アンジェリーナ・ジョリー 「Changeling (チェンジリング)」
 メリル・ストリープ 「Doubt (ダウト~あるカトリック学校で~)」
 クリスティン・スコット・トーマス 「I've Loved You So Long (アイブ・ラブド・ユー・ソー・ロング)」


最優秀主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)
★サリー・ホーキンス 「Happy-Go-Lucky ハッピー・ゴー・ラッキー)」
 レベッカ・ホール 「Vicky Cristina Barcelona それでも恋するバルセロナ)」
 フランシス・マクドーマンド 「Burn After Reading バーン・アフター・リーディング)」
 メリル・ストリープ 「Mamma Mia! マンマ・ミーア!)」
 エマ・トンプソン 「Last Chance Harvey ラストチャンス・ハーベイ)」


最優秀助演男優賞
★ヒース・レジャー 「The Dark Knight (ダークナイト)」
 トム・クルーズ 「Tropic Thunder (トロピック・サンダー 史上最低の作戦)」
 ロバート・ダウニー・Jr. 「Tropic Thunder (トロピック・サンダー 史上最低の作戦)」
 レイフ・ファインズ 「The Duchess (ある公爵夫人の生涯)」
 フィリップ・シーモア・ホフマン 「Doubt (ダウト~あるカトリック学校で~)」


最優秀助演女優賞
★ケイト・ウィンスレット 「The Reader (愛を読むひと)」
 エイミー・アダムス 「Doubt (ダウト~あるカトリック学校で~)」
 ペネロペ・クルス 「Vicky Cristina Barcelona (それでも恋するバルセロナ)」
 ビオラ・デイビス 「Doubt (ダウト~あるカトリック学校で~)」
 マリサ・トメイ 「The Wrestler (レスラー)」


最優秀外国語作品賞
★「Waltz With Bashir (戦場でワルツを)」 イスラエル
 「The Baader Meinhof Complex (バーダー・マインホフ・コンプレックス)」 ドイツ
 「Everlasting Moments (エバーラスティング・モーメント)」 スウェーデン、デンマーク
 「Gomorrah (ゴモラ)」 イタリア
 「I've Loved You So Long (アイブ・ラブド・ユー・ソー・ロング)」 フランス


最優秀脚本賞
★「Slumdog Millionaire (スラムドッグ$ミリオネア)」
 「The Curious Case Of Benjamin Button (ベンジャミン・バトン 数奇な人生)」
 「Doubt (ダウト~あるカトリック学校で~)」
 「Frost/Nixon (フロスト×ニクソン)」
 「The Reader (愛を読むひと)」


最優秀音楽賞
★「Slumdog Millionaire (スラムドッグ$ミリオネア)」
 「The Curious Case Of Benjamin Button (ベンジャミン・バトン 数奇な人生)」
 「Changeling (チェンジリング)」
 「Defiance (デファイアンス)」
 「Frost/Nixon (フロスト×ニクソン)」


最優秀オリジナルソング賞
★"The Wrestler" 「The Wrestler (レスラー)」
"Down To Earth" 「Wall-E (ウォーリー)」
"Gran Torino" 「Gran Torino (グラン・ トリノ)」』
"I Thought I Lost You" 「Bolt (ボルト)」
"Once In A Lifetime" 「Cadillac Records (キャデラック・レコード)」


最優秀アニメ作品賞
★「Wall-E (ウォーリー)」
 「Bolt (ボルト)」
 「Kung Fu Panda (カンフー・パンダ)」

なにより嬉しく納得なのは、故ヒース・レジャーの受賞でしょうか。
死んでしまったから言うわけではないですが、あの演技で受賞できなかったら選考委員はバカだと思う。
生きていれば彼が演じる素晴らしい映画がこの先もっと観られたのではないかと思うと惜しい限りです。
それくらいの怪演だと思いました。惜しい、本当に惜しい・・・。

あと、アカデミーも含めて前評ではベンジャミン・バトンとチェンジリングが優勢って話を聞いてましたけど、結局、ゴールデングローブは逃したようですね。チェンジリングはまだ見てないけど、ベンジャミン・バトンが賞を逃したのはまあ納得かも~・・・と昨日観てきたので思いました。まあそれについては後日。

アニメ部門は予想通りですなー。全部未見だけど予告を観た限りではカンフーパンダじゃ無理だと思ったもん。

|

« アカデミー速報 | Main | なんと・・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 第66回ゴールデングローブ賞発表:

« アカデミー速報 | Main | なんと・・・ »