« 台風18号 | Main | 休憩中 »

THIS IS IT


評価 : ★★★★★
(2009/10/28公開 アメリカ/ソニーピクチャーズエンターテインメント 111分 原題『THIS IS IT』)

最後のコンサート 

THIS IS IT
 がリハーサルの映像により奇跡の映画化!

お久しぶりー。

・・・ってとうとう11月は一回も書かないままに終わりましたね( ̄▽ ̄;)
でもこの映画観たのは11月なんだよなー。根っこが強烈に曲がってる右下の親不知を抜きに口腔外科に行ったりとかいろいろ忙しかったもんで書くの遅くなったんだけど。
まぁこりす食堂のほうは、自分用の食メモとしてテキトーに書いてるんでほぼ毎日更新なんだけど、こっちは映画観なかった時は書けないし書く時もある程度推敲入るので遅くなるんだよねー(と言い訳しておく)

そう、故・マイケル・ジャクソンの、当初予定では2週間期間限定劇場公開だったけど結局もう2週間延長になって一ヶ月公開されてたアレです。
(・・・ていうか、期間限定といえばどの映画だって期間限定な気がするが( ̄▽ ̄;))

一言で言って、そりゃもう、すごかった・・・!
別にファンではなかったんだが・・・というかむしろ、整形とか金銭トラブルとか裁判とか奇行とか様々なゴシップ記事に事欠かない人だなあという印象のほうが濃くて、なんでこんなトラブルまみれの人に熱狂的なファンがたくさんついているんだろうとすら思っていたくらいだったのだが・・・この映画を観ると、マイケル・ジャクソンという人がいかに完璧なライブパフォーマンスに長けているのか、いかに人に優しかったのか、いかに質の高い稀代のエンターテイナーであったのかがわかって今更ながらになんという惜しい人を亡くしたのか、一度でいいからライブを観てみたかったとファンになるほどで、今までの変な噂なんかどうでもよくなるくらいのかっこよさだった。
何なんだろう、あの人のパフォーマンスの完璧さは。あれでリハーサルだなんて。
あのダンスの切れで50歳だなんて。あれが死の直前だなんて。もう色々信じられない。
あぁあ、一度でいいから本公演をしてその映像だけでも残しておいてほしかった・・・あんなすごいリハーサルならば本番はどんなに素晴らしかったことだろう・・・急死が本当に悔やまれてならない。
画面の中の彼は、神に愛されたかのような声で歌を歌い、素晴らしいダンスで舞台のどこにいても目をひく存在であり、本当にKING OF POPだった。
本当に奇跡の映像だった。あの人がもう存在しないなんて信じられないくらいだ。
アレは劇場で観るべきだと思う!

・・・って、もう公開終了しちゃってるんだけど( ̄▽ ̄;)

でも年明けにDVDが発売されるみたいです。(2010年1月27日発売予定)
劇場でパンフを買おうとしたらどうも作ってなかったらしく、この勢いをどうしたものやらと思って普段は絶対に買わないグッズ(残り僅かになっていたハンドタオル。本当は劇場出た直後はTシャツを買いそうな勢いだったのだが、これ買っても絶対着ないよなと思いなおした( ̄▽ ̄;))を買ってしまったくらいなので、観たのにDVDまで買ってしまいそうな勢いです・・・( ̄▽ ̄;)
いや、ていうか、もう、本当に、観て。うん。それが一番わかる気がする。
MJを知らない人や、自分もそうだったんだけども彼に対して誤った印象を持っている人にこそぜひ観てもらいたいと思う。
マスコミの情報操作とも言えるようなゴシップ記事とかって本当にアテにならんねーって思うから。
彼の最後のメッセージはこれから未来を生きる人間にとっては大事なことかもしれないねって思うから。

ちなみに観終わった後(エンドロールの後)は別に悲しくならないラストです。
普通だったら、ラストは故ナントカに捧ぐ~みたいなちょっと悲しさを醸し出すような終わりになりそうなもんですが、この映画の終わりは、今、まさにこれから何かワクワクするようなショーが始まるんじゃないか、死のニュースは実はマイケルの手のこんだ悪戯でこの後、どこかで実は嘘でしたーって本番のショーが始まるんじゃないかというようなラストでした。
個人的にはオススメです。ぜひ自分の目でご覧になってください。

|

« 台風18号 | Main | 休憩中 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference THIS IS IT:

« 台風18号 | Main | 休憩中 »