THIS IS IT


評価 : ★★★★★
(2009/10/28公開 アメリカ/ソニーピクチャーズエンターテインメント 111分 原題『THIS IS IT』)

最後のコンサート 

THIS IS IT
 がリハーサルの映像により奇跡の映画化!

お久しぶりー。

・・・ってとうとう11月は一回も書かないままに終わりましたね( ̄▽ ̄;)
でもこの映画観たのは11月なんだよなー。根っこが強烈に曲がってる右下の親不知を抜きに口腔外科に行ったりとかいろいろ忙しかったもんで書くの遅くなったんだけど。
まぁこりす食堂のほうは、自分用の食メモとしてテキトーに書いてるんでほぼ毎日更新なんだけど、こっちは映画観なかった時は書けないし書く時もある程度推敲入るので遅くなるんだよねー(と言い訳しておく)

そう、故・マイケル・ジャクソンの、当初予定では2週間期間限定劇場公開だったけど結局もう2週間延長になって一ヶ月公開されてたアレです。
(・・・ていうか、期間限定といえばどの映画だって期間限定な気がするが( ̄▽ ̄;))

一言で言って、そりゃもう、すごかった・・・!
別にファンではなかったんだが・・・というかむしろ、整形とか金銭トラブルとか裁判とか奇行とか様々なゴシップ記事に事欠かない人だなあという印象のほうが濃くて、なんでこんなトラブルまみれの人に熱狂的なファンがたくさんついているんだろうとすら思っていたくらいだったのだが・・・この映画を観ると、マイケル・ジャクソンという人がいかに完璧なライブパフォーマンスに長けているのか、いかに人に優しかったのか、いかに質の高い稀代のエンターテイナーであったのかがわかって今更ながらになんという惜しい人を亡くしたのか、一度でいいからライブを観てみたかったとファンになるほどで、今までの変な噂なんかどうでもよくなるくらいのかっこよさだった。
何なんだろう、あの人のパフォーマンスの完璧さは。あれでリハーサルだなんて。
あのダンスの切れで50歳だなんて。あれが死の直前だなんて。もう色々信じられない。
あぁあ、一度でいいから本公演をしてその映像だけでも残しておいてほしかった・・・あんなすごいリハーサルならば本番はどんなに素晴らしかったことだろう・・・急死が本当に悔やまれてならない。
画面の中の彼は、神に愛されたかのような声で歌を歌い、素晴らしいダンスで舞台のどこにいても目をひく存在であり、本当にKING OF POPだった。
本当に奇跡の映像だった。あの人がもう存在しないなんて信じられないくらいだ。
アレは劇場で観るべきだと思う!

・・・って、もう公開終了しちゃってるんだけど( ̄▽ ̄;)

でも年明けにDVDが発売されるみたいです。(2010年1月27日発売予定)
劇場でパンフを買おうとしたらどうも作ってなかったらしく、この勢いをどうしたものやらと思って普段は絶対に買わないグッズ(残り僅かになっていたハンドタオル。本当は劇場出た直後はTシャツを買いそうな勢いだったのだが、これ買っても絶対着ないよなと思いなおした( ̄▽ ̄;))を買ってしまったくらいなので、観たのにDVDまで買ってしまいそうな勢いです・・・( ̄▽ ̄;)
いや、ていうか、もう、本当に、観て。うん。それが一番わかる気がする。
MJを知らない人や、自分もそうだったんだけども彼に対して誤った印象を持っている人にこそぜひ観てもらいたいと思う。
マスコミの情報操作とも言えるようなゴシップ記事とかって本当にアテにならんねーって思うから。
彼の最後のメッセージはこれから未来を生きる人間にとっては大事なことかもしれないねって思うから。

ちなみに観終わった後(エンドロールの後)は別に悲しくならないラストです。
普通だったら、ラストは故ナントカに捧ぐ~みたいなちょっと悲しさを醸し出すような終わりになりそうなもんですが、この映画の終わりは、今、まさにこれから何かワクワクするようなショーが始まるんじゃないか、死のニュースは実はマイケルの手のこんだ悪戯でこの後、どこかで実は嘘でしたーって本番のショーが始まるんじゃないかというようなラストでした。
個人的にはオススメです。ぜひ自分の目でご覧になってください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

コーラス


評価 : ★★★★
(2005/4/9公開 フランス/ヘラルド 97分)

涙がこぼれそうなとき、歌があった。

昨日、元職場のツテでヨーロッパ映画祭にお誘いいただきまして(ありがとうございます)、ここ数年以内の旧作ばかりですが1日4本鑑賞という新記録に挑戦してきました。ていうかどれを観るか聞かれた時に、とりあえず3本で残りはチケットが余ってたら下さいって言ったら全部空きがあるってことだったんで、朝10時半~夜8時半くらいまで(笑) 平井堅が歌バカなら昨日のおいらはきっと映画バカです(まあ上には上がいるのでそこまで観てないと思うけど)。
家では暇な時にずーっとDVDとかGyaOとか垂れ流しにしてますがあんまり集中して観ているわけじゃないのでべつに何本観てても平気なんですが、昨日のはもともと映画館としての専用シートがあるホールではなかったので、さすがに4本は腰が少しツラかったヨ・・・。でも5本までは耐えられそうな気がした自分に驚き☆
今まではシネコンで1日3本立て続けが最高記録だったのだが(笑)

そんなどうでもいい前置きはさておき(だったら書くな(^^;)。

内容は、指揮者ピエール・モランジュ(ジャック・ペラン)が母の葬儀のために帰郷した際に、子どもの頃に問題児たちが集まるフランスの片田舎にある寄宿舎「池の底」でかつて一緒に集団生活をしていたペピノが1949年当時赴任してきた音楽教師クレマン・マチュー(ジェラール・ジュニョ)の遺品の日記を持って現れるところから始まり、マチューの日記を通して音楽を諦めかけた音楽教師と子ども時代のモランジュ(ジャン=バティスト・モニエ)ら問題児達が合唱を通じて心温まる交流をしていったという過去の回想を感動的に描いた物語。

いい映画なんだけど、なんかどこかで観たような設定・・・(笑)
「ニュー・シネマ・パラダイス」(これは多分、映画監督サルヴァトーレ役と今回の大人になったモランジュ役が同じジャック・ペランだったからだろうな)や「天使にラブソングを2」(音楽で悪ガキ生徒をとりまとめていくところとか、一人が特出して歌が上手いとか)とか「今を生きる」(のロビン・ウィリアムスが演じた教師役。わからなければ、日本で言えば金八先生とか「学校」で西田敏行が演じてた役とか)とかの要素を混ぜたように感じられたんですけど気のせい?
まあ、べつにそれは映画業界ではありがちなのでべつにいいですが。

とにかく歌声が秀逸。ソロで歌うモランジュの声が、言われているようにまさに天使の歌声。素敵。さすが3000人の中から選ばれ、サン・マルク合唱団でもソリストを努めていた実績のある声だと納得できます。
個人的にはマチューがモランジュに歌う姿勢をアタマから一本の紐で釣られているようにと教えているシルエットの姿が印象的でした・・・っていうのも、私自身、中学時代にコーラス部に所属していて、その時の恩師も同じように一人ずつ頭に指を置いて指導してたことを思い出したんで・・・あら懐かしい(笑) あの指導ってコーラスの世界では共通の指導法なのかな。
それに子ども達がとても愛らしい。
特に子ども時代のペピノ(マクサンス・ペラン)がめちゃくちゃかわいい!目がくりくりしてて愛らしさ二重丸!
余談ですが、彼はジャック・ペランの息子だそうです。そういえば監督のクリストフ・バラティエもジャック・ペランの甥だとか。・・・身内動員で作るってまるで自主製作映画みたい(笑)

しかし、ストーリーが少し惜しい!
だってさぁ、あんなにお世話になった先生だっていうのに冒頭でペピノが言うまで名前を忘れてるか( ̄▽ ̄;)?
だいたいその他大勢と違ってソロやってたんだろう、オマエ!
あんな先生は一生のうちで出会える確率低いってのに(ていうか体罰校長の下でそれまでいたんだから逆に印象が強くて当たり前だろうに)薄情過ぎないか?
自慢じゃないけど、私は恩師の名前を覚えてますよ、今でもフルネームで言えますともさ、ああ書けるともさ。
おいらだってソロで舞台に立ったことがあるから同じ立場だぞ?( ̄・・ ̄)フンッ(←緊張しすぎて舞台上のことはあんまり覚えてないが)
まあ、50年も経ったら忘れるよって言われればそれまでだけどさ・・・。

# 旧作、企画上映として観たのでパンフレット未購入。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

海の上のピアニスト


評価 : ★★★★
(1999/12/18公開 アメリカ/イタリア/アスミック 125分)

20世紀最後の感動。
大西洋の上で生まれ、一度も船を下りたことがないピアニストの伝説

先日、職場関係で知り合った方にご招待していただいてミッシャ・マイスキーのチェロコンサートに行ってきました。
私は父の影響と映画音楽の影響でクラシックも好きなんですが、仲良しの吹奏楽部の人達もピアノ好き(ピアニストもどき?ってくらいの人)も結婚して引っ越してしまったものですから他の友達の多くは興味がないか寝てしまう人ばかりで(^^;、生で聴けるコンサートに行けるような機会がなかったものですから今回のお誘いは超ラッキー♪(よろしければまた機会があったらお誘い下さると嬉しい~とか書いてみる(^^;)
かなり良かったです!
弦楽器は昔から好きですが(ピアノは少しやってましたが弦楽器はべつに習っていたわけではなく音が好き)チェロってオーケストラでは脇役になりがちな楽器だと思っていて、どちらかというとバイオリンのほうが(これは「ミュージック・オブ・ハート」の影響だと思われますが)脚光を浴びやすい華やかな楽器として好きだったのですけど、今回のコンサートで充分過ぎるほどに主役をはれる楽器だと気付いて新鮮でした。チェロ単独で聴いたことがなかったので、哀愁漂うあの音を自在にあやつる技術を見て素直に素敵と感動したわけです。
クラシック音楽って同じ曲でも指揮者や演奏者が違うとまるで違って聴こえるし、年を重ねて聴くたびに深みを増すんだよね、不思議。時代も世代も越えた感動が常にあるところが素晴らしい。

さて、感動を呼ぶ音楽ということで。
こちらはチェロではなくピアノなのですが、これも音楽が素晴らしい映画作品です。
エンニオ・モリコーネのピアノ音楽がとっても映像に合っていて素敵なんです!
音楽って映画の重要な要素の一つなんですけど、この映画では特にピアニストを主人公にしているため、他の映画に比べてもものすごく重要なポイントになってくるのですが、もう本当に映像と音楽がピッタリ自然にあてはまってて単純な音やリズムの繰り返しもあるんだけど耳にとても心地よい仕上がりなんですよ。楽譜も読み書きできずその場で即興で作曲するため二度と同じ曲が奏でられない天才ピアニストという設定に相応しいあの旋律!
第57回(1999年)ゴールデングローブ賞の音楽賞を受賞しています。

内容は、大西洋上を行く客船ヴァージニアン号の中に生後間もなく置き去りされた赤ちゃんが、見つかった年にちなんで1900(ナインティーン・ハンドレッド)と名付けられ、船内のダンスホールでピアノを聴いて育つうちにピアノに関して類稀なる才能を発揮し人々を魅了する伝説の天才ピアニストとなる半生を描いた人間ドラマです。

もしこの作品が「タイタニック」より先に制作されていたならばかなりウケていたでしょう。アカデミー賞だってとれたでしょう。そういう意味では惜しい作品だと思います。

ティム・ロス演じる1900(ナインティーン・ハンドレッド。主人公の名前です)のどことなく少し寂しげな目と純粋無垢さを見事に演じた演技も光っていたし、あの人間離れしたピアノ演奏シーンもそして奏でられる旋律も素晴らしいものでした。
船の上という時間的にも空間的にも制限された空間でのみ生きるピアニスト、どうして彼が一度も船を下りることがなかったのか、他の人には制限された空間であったけれども彼にとっての「自由」はそこにあったのです、ここが大きなテーマの一つでしょうね。うーん、たくさんの選択肢があるというのが自由ではなく、それを選べるのが自由だということなのですね、深い!
「いい物語があって、それを語る人がいるかぎり、人生、捨てたもんじゃない」という台詞がでてきますがまさにその通りでしょう、彼は最初から最期まで伝説になるべき人でした。

「ニュー・シネマ・パラダイス」のジュゼッペ・トルナトーレ監督、名曲を提供したエンニオ・モリコーネ、さすがです、素晴らしい要素が満載です。
特に音楽が素晴らしい!あのテーマ曲が本当にいいんです。サントラだけでも充分に楽しめるほどの名盤だと思っています。ちょっとでも興味をもたれた方、クラシック音楽が少しでもお好きな方はぜひ聴いて見て下さい。一時の流行モノにしてしまうには惜しいほどの美しい旋律は聴く価値があると思います。
でも映画的には、伝説だけに一部でファンタジー色が濃い作品なので現実味に欠けててなんだか少し中途半端な感じがしてしまうんですね、同じテーマで現実色の濃い素晴らしい作品があるだけにそこだけが惜しいと思いました。それにラストがちょっとねぇ・・・でもあのラストだからこそ彼は伝説の男なんだ、と思います(ガッツじゃないよ(^^;)。
印象的なシーンはたくさんあるんですけどね。
例えば揺れる船の中でグランドピアノのストッパーをはずしてピアノと一緒に床を滑りながらくるくる回って弾いているシーン。監督の遊び心なのかな?それとジャズピアニストとの対決シーンは特に必見。

美しい映像、美しい音楽、そして感動が詰まった作品でオススメです。

# パンフレットは横長の大型で700円。キャストや脚本・音楽との出会いについて監督インタビューが豊富です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ミュージック・オブ・ハート

評価 : ★★★★
(2000/9/9公開 アスミックエース 123分)

いま、聞こえる・・・
50人の子供たちが弾く50挺のヴァイオリン

クライマックスはカーネギーホール
実話だから感動も大きい

ニューヨーク、イーストハーレム。
彼女の教える"キラキラ星"は、やがて全世界に感動をとどける。

最近、元同僚の人にオーケストラの演奏会に誘われて行ったので(ついでに再来週またご招待していただけることになったんで行く予定♪)バイオリン(ヴァイオリン)の出てくる映画を取り上げてみようかな。

内容は、2人の子供に恵まれ幸せな人生を送っていたロベルタ(メリル・ストリープ)は夫に裏切られた後、自立するために昔の友人でライターのブライアン(エイダン・クイン)の紹介でジャネット(アンジェラ・バセット)が校長をつとめるハーレムの小学校でヴァイオリンを教える臨時教師として働くようになるが、さまざまな障害にもめげずに子ども達に音楽を通して希望と自信と集中力を教えつづける彼女のもとに、ある日、音楽教室閉鎖の問題が立ちあがって・・・というストーリー。けっこう感動モノです。
しかし、いい映画だと思うんだけど、あんまりヒットした記憶がないのはなんでかな(^^;

それにしても、おおおーっ、『スクリーム』でその鬼才ぶりを発揮して有名なウェス・クレイヴン監督がこんなヒューマン映画を撮るとは!意外!勝手にホラー専門のマニアックな監督だと思ってた!(←決め付け過ぎ)

そして、出演者が豪華!
特に、クラシック好きな人なら必見(必聴)モノですよ、アイザック・スターンがでてるし、ジョシュア・ベル(「世界でもっとも美しい人トップ50」に入ってた人です、たしかにキレイな人ですね)もでてるし。
カーネギーホールでの子ども達と世界のトップクラシックミュージシャン達の共演を見たときには鳥肌たちました。

ストーリーも素晴らしいんだけど音楽もやはり素晴らしい。さすが『文部省特選感動ドラマ』だ!
ヴァイオリンを教える先生の役のメリル・ストリープはこのためにヴァイオリンを猛特訓したらしいですが、ちゃんと演技して喋りながら弾く姿は「演技」じゃなくてホントの先生のようでした。
で、パンフレットを読んでいたら、メリルはこれまで楽器を触ったことがなく(!)1日4~6時間の2ヶ月の猛特訓であれだけの演奏をしてたと知って感動と同時に驚き。・・・だってメリル・ストリープってこの映画が出来た当時50歳だったんですよ!なんてすごい女優魂(というか集中力)なんでしょう!見習わねば・・・。

しかもこれ、実話だっていうんだからすごいです。それも過去ではなく現在に実在する女性の13年間の軌跡を綴ったものなのです。実在する人を演じるってとても難しいことですよね。メリル・ストリープが名実ともに大女優であることを再確認してしまった作品でした

余談ですが、グロリア・エステファンがちょい役で出ているのに驚きました。
まあ『ドグマ』でアラニス・モリセットも出てたし、なんかタイトル忘れたけどわけのわからないB級映画にマイケル・ジャクソンも出てたくらいでしたから大物歌手がちょい役で映画出演するのは流行りなのかもしれません。
ちょい役といえば(ちょい役とは言えないのかもしれないけど)マコーレー・カルキンの実弟のキーラン・カルキンがメリルの2人目の息子役で出てました。彼はマコーレーと違って遅咲きのようですが最近よく見かけます。主役級になるのは厳しいかもしれませんが、脇役としてはいい俳優になりそう。お兄ちゃんは最初が良すぎて失敗しちゃったから(逮捕されてたしねえ・・・)悪い方に流れないように頑張ってもらいたい!

# パンフレット捜索中・・・。

※ 旧CinemaFile掲載文を修正・加筆して掲載。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

リジー・マグワイア・ムービー

評価 : ★★★
(2003年 アメリカ 日本劇場未公開 93分)

よくも悪くもアイドル映画という感じかな~。
ストーリーは何をやってもドジで失敗ばかりのリジー(ヒラリー・ダフ)が、卒業旅行で訪れたイタリアで親友のゴード(アダム・ランバーグ)と街を散策中、イタリアの人気ポップ・デュオのパウロ(ヤニ・ジェルマン)に声を掛けられ、喧嘩別れしたパートナーのイザベラとリジーがそっくりなので代役をお願いされてアイドルとして舞台に立ってしまうというお話。
アイドル映画にしてはよく出来たシンデレラストーリーのほうかも。展開がかなりご都合主義なのは御愛嬌(笑)
歌もポップでノリがよいし、ラストの花火が上がるシーンはとてもキュート。かわいいかわいい(笑)
主人公・リジー・マグワイア役のヒラリー・ダフが好きならオススメ。
(この人、DVDのパッケージ写真や歌っている時より本編のほうが幼く見えるね)
個人的にはリジーよりもゴードの存在や、ちょっと娘をかわいがりすぎのクレイジーな家族、校長先生、マネージャーが素敵だ(笑) 

もともとは、TVシリーズ「リジー&Lizzie」というドラマらしいですが、観たことがないので背景とか詳細設定はよくわかりません。日本でもディズニーチャンネルでやってるらしいんですが、加入していないので知りません(^^;
ただ、シリーズを知らなくてもわかりやすい映画になってるので家族で楽しんで見られるでしょう。

それにしても・・・某DVD紹介記事に騙された~、「ローマの休日」っぽいっていうからどんなもんかなってレンタルしてきたのに似たようなシーンってイタリアで単車乗ってるってだけかよっ
後のシーンはこれっぽっちも似ても似つかないじゃないかよ・・・。

# 日本未公開映画のためパンフレットなし。

「リジー・マグワイア・ムービー」関連サイト
リジー・マグワイア・ムービー
The Lizzie McGuire Movie on DVD(英語)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Ray/レイ

評価 : ★★★★★
(2005/1/29公開 ユニバーサル映画/UIP配給 152分)

第77回アカデミー賞受賞
 主演男優賞(ジェイミー・フォックス)・音響賞
第62回ゴールデン・グローブ賞
 主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)受賞

Soul is a way of life,but it is always the hard way. (ソウルは生き方だ、だが、それはいつでも困難な道だ) By Ray Charles

期待以上の出来で、2時間半もあるのに全然時計が気にならなかった。
逆に一人の偉大なソウルシンガーの光と影が交差する人生をよくもまあこれだけ短くまとめあげたなぁという意味では拍手。
失明することがわかっても盲目として扱わずに自立させようとする母親の深い愛情(このお母さん役の人、素敵でした)、自分のせいかとトラウマになっている弟の事故死、才能を開花させてそれに群がる人との人間模様、そしてドラッグにハマってそこから辛い思いをしながら復活・・・一人の人間が背負うにはあまりにも過酷な実話をこんなに他人を感動させる映画にしあげたんだからアカデミー賞とったのも納得!
ところどころにちりばめられたユーモラスな会話なんかもGood。
曲もいいしねえ・・・レイ・チャールズって名前聞いたことあるけど曲知らないよなあとか思ってたんだけど、ほとんどの曲が聴いたことある曲でした・・・誰の曲か知らんだけだった(あら?)。それにしてもこんなに曲がいいなんて。ライブで聴いたら鳥肌立ちそうだな(笑)
特にジェイミー・リー・フォックスの演技が素晴らしい。パンフレット買ったら、本物の若い頃にそっくりだし!まさにあんたを待ってできた映画だよって感じ。ジェイミー本人も幼少の頃からピアノをやってたらしいけど、役が決まってからレイ・チャールズ直々に指導してもらったこともあったみたいで(何かのテレビ番組で見ました。多分DVDの特典で収録されてると思う)、本当に完璧にレイになりきってました。
おそらく他の人ではできないでしょう、あの演技には脱帽です。

映画を見た後はしばらく余韻にひたりつつ、レイ・チャールズの音楽が聴きたくなりました。
素敵な感動をありがとう。見てない人は見てほしいとオススメできるとってもいい映画でした。
そして、ほどなくして天国へ旅立たれた本物のレイ・チャールズ。
ご冥福をお祈り致します。

# パンフレットはB5版700円。曲紹介(何曲か歌詞掲載あり)もあって買いです、買い!

Ray/レイ関連サイト
「Ray/レイ」
RayCharles.com::The Official Site

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

1928年公開映画 1934年公開映画 1951年公開映画 1952年公開映画 1954年公開映画 1959年公開映画 1963年公開映画 1965年公開映画 1971年公開映画 1976年公開映画 1978年公開映画 1988年公開映画 1994年公開映画 1995年公開映画 1996年公開作品 1997年公開映画 1998年公開映画 1999年公開映画 2000年公開映画 2001年公開映画 2002年公開映画 2003年公開映画 2004年公開映画 2005年公開映画 2006年公開映画 2007年公開映画 2008年公開映画 2009年公開映画 2010年公開映画 作品名-あ行 作品名-か行 作品名-さ行 作品名-た行 作品名-な行 作品名-は行 作品名-ま行 作品名-や行 作品名-ら行 作品名-わ行 劇場未公開作品 情報 日記・コラム・つぶやき 映画監督 映画-B級 映画-SF 映画-アクション 映画-アドベンチャー 映画-アニメ 映画-ギャング 映画-クリスマス 映画-クレイアニメ 映画-コミック原作 映画-コメディ 映画-サクセス 映画-サスペンス 映画-スポーツ 映画-ドキュメンタリー 映画-バカコメディ 映画-パニック 映画-パロディ 映画-ファミリー 映画-ファンタジー 映画-ホラー 映画-ミステリー 映画-ミュージカル 映画-メイキング 映画-ラブコメディ 映画-ラブロマンス 映画-リメイク 映画-人間ドラマ 映画-実話 映画-戦争 映画-時代劇 映画-歴史物 映画-賞 映画-青春 映画-音楽 書籍・雑誌 説明 音楽 2012年公開映画