容疑者Xの献身


評価 : ★★★★☆
(2008/10/4公開 日本/東宝 128分)

その愛は、解けない

ガリレオが苦悩する、その謎とは?

10月15日鑑賞。(今はいつ・・・?)

なるほどね、だから「容疑者Xの『献身』」なのか・・・。 ラストにはすべてがつながってタイトルそのままの内容だったということがわかります。
「ガリレオ」というタイトルを出さないあたり、力の入れ方が違うなとは思っていましたが、石神(堤真一)に焦点をあてた映画にしてたからなのかな。

そういうわけでかどうかはわかりませんが、今回はドラマ版のように、それは必要なのか?と毎回思うような変な数式(あれ毎回書いてるけど書きながら解くような意味あるの?画的にあったら面白いだけ?)を書きなぐりながら推理の答えを導き出していくシーンはなく、ただ静かにストーリーが進行していくのでテレビ版のようなノリを期待すると裏切られます。
でも湯川(福山雅治)の人間的な一面を垣間見られたり映画的な作り(演出)になっていたので、いい意味で裏切られたかも。

内容は、貝塚北警察署管轄内で顔を潰され指も焼かれて指紋を消された男性の死体が発見され、内海薫(柴崎コウ)と草薙俊平(北村一輝)が、被害者の別れた妻・花岡靖子(松雪泰子)へ聞き込みに向かうのだが彼女は娘と映画館にいたという完璧なアリバイがあったため、“ガリレオ”こと湯川学(福山雅治)に相談を持ちかけてみたら、偶然にも靖子のアパートの隣に住む高校の数学教師・石神哲哉(堤真一)が、湯川の学生時代の親友だったことが判明。石神は湯川が自分の知る限り本物の天才とは彼のことだと評するほどの頭脳の持ち主だったのだが、やがて湯川は石神がこの事件に関わっているのではと疑念を持ち始め・・・というミステリー。

はー、松雪泰子と堤真一はうまいなー、観てて安心できる役者だー。
松雪なんかこの前観たのってデトロイトメタルシティだから真逆すぎ・・・本当に同じ人( ̄▽ ̄;)?
で、劇中で、石神(堤真一)が「湯川(福山雅治)、君は相変わらず若々しいな、羨ましいよ・・・」というセリフがあるんだけど、ホントに福山は若々しいね。ホントに年を経ているのか・・・?
(まあ、男性は女性と比べて特に老ける速度が遅い気がしますが)

それにしても堤真一はいい役者だわー。
彼は森田芳光監督の『39~刑法第三十九条~』の時から注目しだした人だけれど、今回はこれまた役に深みが出たというか・・・。本来、彼はガタイがよくてドンと構えたような雰囲気が似合うはずなのにボソボソ喋る抑えた演技のせいか老けて疲れた感じがよくでてたし。特に「僕には友達はいないよ」と「この事件の真相を暴いたところで誰も幸せになれないんだよ」というセリフは印象的でした。
あと、天井一面に出てくる四色問題。あれは、石神の内面を表しているようで実に面白い。
ただ、あんな大きな犠牲(謎)を払ってまでなぜ?という答えとして、湯川が「石神は、容姿を気にするような人間ではなかった。僕はあの瞬間に気づいたんだ。彼は恋をしている、とね」というセリフにはイマイチ賛同できるようなできないような感じがしましたが・・・。
なんかな~・・・「恋」とはちょっと違う感じがするんだよなあ~、「家庭」とか「家族」とか「仲の良い親子の平穏な日常」とかそういう身近な幸せへの憧れの気持ちのほうが強い気がする。お隣の生活音を聞くことで自分もその一員になれているような幸福感があったのではないかと・・・あぁ、うまくまとまらないな、自分で何を書いているんだかわからなくなってきた( ̄▽ ̄;)
原作だとそういう感情より「恋」の感情のほうが大きいのだろうか?時間があれば一度読んでみたいかも。

んー、いろいろ書きたいけれどこのテの作品はどこまでネタバレしていいのかわからないからなぁ~。
いろいろな意味で観る価値ある作品だと思うのであまり事前に内容に触れずに純粋に観てもらったほうがいいかもです。

しかし。
とっても深みのあるいい作品なのに、後に残るものが何もないのが残念。
なんで何も残らないんだろう?
切なさとか運命とか才能はあっても運・不運で人生これほどまでに違うのかとかそういう人間が普段向き合わないような面と向き合うこととか真実を暴くことは必ずしもいい結果ではないとか愛っていろんな意味で罪だとか幸せってなんなんだろうとかいろいろ考える要素は充分だし、丁寧に作りこまれている作品だとは思うんだけど・・・ん~、全体的に地味だからかなあ・・・?
ストーリー的にはテレビでやってた科学(物理?)実験とか関係ない話なのでわざわざ映画にしなくてもテレビの2時間スペシャルでもいいんじゃ?みたいな地味~な話だもんな~。
それともテレビのような遊び的な要素を排除してるから、テレビドラマの先入観を裏切られてるからかなあ?
宣伝ポスターには福山&柴崎を前面に押し出してるけど、実は堤&松雪がメインの映画になってるからかなあ?
個人的には好きな映画なんだけどねえ・・・。

あ、KOH+の主題歌『最愛』、この映画にぴったりでよかったなあ~・・・。
テレビ版の『KISSして』とは違ってバラードなんだけど、歌詞も曲調もぴったりしっくり当てはまります。
ラストの堤真一の慟哭にかぶせると涙が止まらないでしょう~!

# パンフレットには原作者コメントやテレビドラマ版解説も入ってます。

「容疑者Xの献身」関連サイト
容疑者Xの献身(映画)
東野圭吾『容疑者Xの献身』特設サイト|文芸春秋
東野圭吾ガリレオシリーズ特設サイト『倶楽部ガリレオ』|文芸春秋

映画版も文芸春秋版もどちらにも四色問題が出てきます。
一応、解いたけど(そして文芸春秋のほうではプレゼントの壁紙とスクリーンセーバーももらったけど)「美しく」解くってどうするんだろうね?文芸春秋版の四色問題のQ4の美しい解き方がさっぱりわかりません・・・_| ̄|○

| | Comments (0) | TrackBack (0)

妖怪大戦争


評価 : ★★
(2005/8/6公開 松竹 124分)

愛と平和の大冒険ファンタジー!

魔人・加藤保憲を倒せ!!
人類存亡をかけた世紀の戦いに
少年と百二十万の日本妖怪が立ち上がった。

劇場で上映していた当時は豪華出演者がとりざたされているわりにはなんとなくイヤな予感がしたので観なかったのですが(笑)、先日金曜ロードショーで放映してて観るものがなかったので観ました。
観た人もたくさんいらっしゃると思いますが、おいらの率直な感想は、

・・・・・なんだこれは(・∀・;)

いや、もうこれにつきるって( ̄▽ ̄;)
おいら、多分、観ている間中、「・・・( ̄▽ ̄;)」「・・・( ̄ロ ̄lll)」「・・・(・∀・;)」・・・この3パターンの顔しかしなかったと思うよ( ̄▽ ̄;)(笑) 

B級っていうかC級っていうかD級っていうか・・・いや、あの力の抜けた感じというか、その「ハイ、5分休憩でーす」みたいな伏線はいるのか?と見せかけて実は必要なんだけどその演出ってどうなの?とか、このCG全盛の世の中にあまりにも手作り感満載すぎてちっともホラー的要素を満たさない妖怪達とか・・・いやぁ、逆の意味ですごいなあと・・・決してキライじゃないんだけど(笑)
いやー、ある意味全っ然面白くはないんだよなー・・・さすがYahoo!の映画レビューで評価2.8だー( ̄▽ ̄;)(ちなみジャンルが違うので比べようはないんだけどゲド戦記よりは高いのでゲドってこれよりひどいのかと思ったさ・・・( ̄▽ ̄;))

内容は、両親の離婚で東京から母の故郷の鳥取に移り、母と祖父と3人で新たな暮らしを始めたいじめられっ子の少年タダシ(神木隆之介)がある日、神社のお祭りで“麒麟送子”に選ばれたことから妖怪たちと知り合い、人間世界と妖怪世界の間におこる異変に立ち向かうというアクション・アドベンチャー(・・・っていうか大半コメディだよな?)。

そもそも「妖怪大戦争」ってタイトルだけど蓋を開けてみれば、「妖怪夏祭り」みたいな感じで戦争ってより宴会?って感じ・・・大戦争って戦ってる奴って数人じゃん・・・後は「祭りじゃ~!」ってアンタ・・・平和だね( ̄▽ ̄;)

まあストーリーのチープさはさておき( ̄▽ ̄;)、けっこうすごい顔ぶれが出演しているのでそこ(だけ)は必見かと。役者探しを楽しむという意味では絶妙だと思います。
しかしあれだけ特殊メイクしてる人がたくさんいたらわかりにくいかもな~、宮部みゆきとか京極夏彦とかどこにいた?って思ったし。あ、忌野清志郎がものっすごい違和感なく普通に見えたのが意外だったかも・・・あの人、テレビで以前見かけた普段のコンサートの時の格好のほうがすごいような気が・・・(笑) 

あと、まあこのクオリティの映画なのでどーでもいいっちゃいいんですけど、テレビ版だったからかカットがたくさんあったような気がするんですけど~・・・ラストあそこで切っちゃうの?あのオチは何?で終わってしまったので少し消化不良・・・いや、いいけどさ~、べつにレンタルしてまで確認したいほどじゃないから( ̄▽ ̄;)

これ、GyaOでも同じタイトルのものを放映してるなあと思っていたらリメイクだか続編だかみたいですね。
知らなかったんだけど、1968年にも映画化されてるみたいです。まだ観てないので(っていうか観るのか、おいら( ̄▽ ̄;)?)関連あるかどうかわかりませんが・・・昔もこんなクオリティなのかなぁと怖いもの見たさの興味が少し・・・いや、多分見ないだろうけどさー( ̄▽ ̄;)

# テレビ放映で見たのでパンフレットは未購入。

「妖怪大戦争」関連サイト
妖怪大戦争

| | Comments (0) | TrackBack (0)

黄泉がえり

評価 : ★★★★
(2003/1/18公開 東宝 125分)

あなたにとって、黄泉がえって欲しい人は誰ですか?
もう一度、逢いたかった。人は甦る。儚く切ない想いのもとに・・・。

九州の阿蘇地方のとある地域で、死者が死んだ当時のままの姿で自分のことを想い続けてくれた人の前にある日突然現れ蘇る(黄泉がえる)という現象が次々と起こりはじめ、黄泉がえった人を目にして喜ぶ家族、戸惑う周囲の人々の調査を続けていくうちに厚生労働省から派遣された川田平太(SMAP草彅剛)は黄泉がえりのある法則を発見、亡くなった親友・俊介の恋人・葵(竹内結子)のために俊介を黄泉がえらせようとするが・・・というお話。

ストーリー自体は単純。
宣伝用チラシのキャッチコピーを初めて見た時はホラーか?ファンタジーか?と思いましたが、このストーリーじゃホラーになりようがない。ちょっと怖くない日本版「シックス・センス」って感じかなぁ、身近に愛する人を失ったことがある人なら泣けるかも。
そうそう、草彅くんは当時やっていた「僕の生きる道」(フジテレビ系ドラマ)の時と同じく死神にとりつかれたような顔をしていたのでてっきり草彅くんが蘇るのかと思っていたら違っていて「ありゃ(^^;」と思った記憶がある(笑)
ベテラン女優の北林谷栄、「北の国から」の田中邦衛(でも演技は「北の国から」と同じ・・・)、あとベテランではないけど忍足亜希子さん(あの手話のシーンは胸を打つよ!)、「3年B組金八先生」に昔でてた東新良和とか、脇役もけっこういいです。主役の演技は気にしちゃダメ・・・キャリアが違いすぎて比べられないからただストーリーを追うほうがいい(^^;
ダチョウ倶楽部の寺門ジモンや極楽トンボの山本の演技は本職でないのでともかくとして・・・特に好きなのが柴崎コウ!あのカリスマボーカリストRUIはハマリ役!そんなに映らないのにあの存在感ときたら!主役やヒロインより存在感上だし!(あれ?)歌もうまいしね、観た後で思わずTSUTAYAでCDレンタルして聴きまくったよ~。
ただ、RUIは映画に必要な存在だったのか?というとちょっと疑問かも。あのラストが撮りたいから・・・って感じなのかな(^^;(ちょっと御都合主義だなあ・・・それを言ったら死人が蘇ってきて会った人の対応が普通すぎるとか全ての設定もおかしく思っちゃいそうだけどさ)

カメラワークや映像もキレイで、特に夜空の星というか闇夜に舞い光るホタルのような光を使った映像が素敵。
最近はなんでもCGワークなんでもちろんCGなんだけど、やりすぎでない美しさがいい。
カリスマボーカリストの復活ライブをするにしてはちょっとコンサート会場が安っぽい気がしたけどね。
気持ち的には評価★3.8くらいかなぁ。

※ 旧CinemaFile掲載文を一部改変。

# パンフレット探し中~100冊以上の中に紛れていて見つからない(^^;

「黄泉がえり」関連サイト
映画『黄泉がえり』
※オフィシャルサイトはアドレスが既に返納されており、その後同じアドレスをアダルトサイトが取得して使っているらしいのでリンクしません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夢のチョコレート工場

評価 : ★★★★
(1971年 アメリカ 日本・劇場未公開 100分)

9月10日から「チャーリーとチョコレート工場」というタイトルでジョニー・デップ出演でリメイク版が公開されますが、これはその前作。1971年製作なので、映像は時代相応という感じですが(多分、新しいほうはCGがフルに使われていてそれはそれは幻想的でキレイなつくりになることでしょうと予想されます)、なんともかわいらしく不思議なお菓子の工場に心惹かれました~。チョコレートの滝とか川とか、キャンディーの杖とか。ヘンゼルとグレーテルのお菓子の家と、不思議の国のアリスを足したようなメルヘンというにはちょっと変わった感じのお話だけど。
主人公の少年・チャーリーは4人の老人と母の6人家族。貧しく苦しい生活ではあるけれど、心まで貧しくはなく愛情豊かで優しい少年。そのチャーリーが落ちていたお金で買ったワンカ製のチョコレートに、たまたま世界で5枚しかないというワンカ工場見学の金のチケットが入っていた!このチケットを手にした人は秘密の工場見学後に一生分のチョコレートが貰えるというのです。
もうこれだけでも結構わくわくします。一生分のチョコってどのくらい?とか(違)
しかもその工場にはとんでもない秘密が隠されているのです!
ラストはすごいオチでかなり「えーーーー!?」って感じですが、まあ観た後はけっこう嬉しい気持ちですね。
まあ・・・ところどころ「えーーーー(^^;」(この「えー」は先のと意味が違う)という怖い映像がありますが、どういうふうに怖いのかは見てのお楽しみ(^^;

ところでこのオリジナル版は、ミュージカルなんですね。
リメイク版は普通の映画かな?

# 生まれる前に製作されているのでパンフレットは買ってません(笑)

「夢のチョコレート工場」関連サイト
チャーリーとチョコレート工場(リメイク版)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

容疑者 室井慎次

評価 : ★★★☆
(2005/8/27公開 東宝 117分)

踊る大捜査線のサイドストーリー、踊るレジェンド第2弾。
個人的には~・・・第一弾の「交渉人 真下正義」のほうが好きかな。
全体的に今回は渋めなんだけど、セリフもアクションもドキドキ感も笑いの要素も少なくて、いつもの踊るシリーズとはかなり違うのですね。いつものようなストーリー展開を期待するとちょっとハズレだと思います。
そもそもなんで室井慎次が捕まったのか、なぜ罠にはめられたのか、その発端の事件のオチがあれじゃあちょっと・・・「ハァ?」って感じなんで・・・なんかねえ、ネタバレするので書きませんけどオチわかったらけっこうガッカリ。
正直言って、室井さんはあの事件の指揮官だったからたまたま捕まってしまった(ただの不運だったってこと)だけで実はあんまり関係ないんじゃ?・・・みたいな。
やはり室井さんくらいの人が捕まるのであれば、もっと複雑な犯罪でもっとすごい罠がはられていないとなんか嫌だ。
主役本人より、脇役のほうがキャラが見せ場があって濃いし(っていうか主役ほとんどセリフありませんしね)・・・あ、一瞬出てくる湾岸所スリーアミーゴスの神田署長・秋山副署長・袴田刑事課長のトリオは画面に映っただけで劇場内に微かな笑いが漏れたのでオイシイと思いましたが(笑) ちなみに予告でもやってた刑事課長の写メール撮ってるシーンはアドリブだそうです、うまいな~。
そんな感じでちょこちょこ薄い笑いのシーンもあるんですけど、全体的に暗めのトーンってこともあって、微妙でございます(なくてもいいシーンに見えるかもしれませんが、あれは遊び心だと思うんで、あったほうがテレビ的には締まる気がするんですけど映画だからね)。
あと、哀川翔はもっと活躍してもよかったんじゃないかな~。あのへんはカットしすぎのような。
室井さんの過去にスポットをあててみたのだって、なんか無理矢理な感じがするしねぇ・・・あんな過去の話って関係ないしはっきり言ってあれが罪だと言うなら冤罪みたいなもんじゃん。

# パンフレットは600円。オチバレするので観る前に読まないほうがいいです。ついでにお詫びと訂正のお知らせの紙が挟まっていたんだけど、役名とか役のプロフィールとかは間違えないように印刷してくれ~!

「容疑者 室井慎次」関連サイト
「容疑者 室井慎次」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

1928年公開映画 1934年公開映画 1951年公開映画 1952年公開映画 1954年公開映画 1959年公開映画 1963年公開映画 1965年公開映画 1971年公開映画 1976年公開映画 1978年公開映画 1988年公開映画 1994年公開映画 1995年公開映画 1996年公開作品 1997年公開映画 1998年公開映画 1999年公開映画 2000年公開映画 2001年公開映画 2002年公開映画 2003年公開映画 2004年公開映画 2005年公開映画 2006年公開映画 2007年公開映画 2008年公開映画 2009年公開映画 2010年公開映画 作品名-あ行 作品名-か行 作品名-さ行 作品名-た行 作品名-な行 作品名-は行 作品名-ま行 作品名-や行 作品名-ら行 作品名-わ行 劇場未公開作品 情報 日記・コラム・つぶやき 映画監督 映画-B級 映画-SF 映画-アクション 映画-アドベンチャー 映画-アニメ 映画-ギャング 映画-クリスマス 映画-クレイアニメ 映画-コミック原作 映画-コメディ 映画-サクセス 映画-サスペンス 映画-スポーツ 映画-ドキュメンタリー 映画-バカコメディ 映画-パニック 映画-パロディ 映画-ファミリー 映画-ファンタジー 映画-ホラー 映画-ミステリー 映画-ミュージカル 映画-メイキング 映画-ラブコメディ 映画-ラブロマンス 映画-リメイク 映画-人間ドラマ 映画-実話 映画-戦争 映画-時代劇 映画-歴史物 映画-賞 映画-青春 映画-音楽 書籍・雑誌 説明 音楽 2012年公開映画